コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サックリング サックリング Suckling, Sir John

3件 の用語解説(サックリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サックリング
サックリング
Suckling, Sir John

[生]1609.2.10. ミドルセックス,ホイットン
[没]1642. パリ
イギリスの詩人,劇作家。「王党派詩人」の一人。名門に生れ,ケンブリッジ大学に学んだ。ロンドンにおける華美な生活で著名。詩,戯曲は主として宮廷人の読者をねらって書かれたもので,洗練された奇想と退廃した風俗の描写に富み,王政復古期文学の先駆とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サックリング【John Suckling】

1609‐42
イギリスの詩人。ジェームズ1世の宮廷にきわめて近い家柄に生まれる。ケンブリッジ大学卒業後,法律を修めたが,軍人として身を立てることになった。以後,ピューリタン側からの圧力の強まるなかで,一貫して王党派軍人として,また宮廷人として,立場を変えなかった。詩人としては,17世紀前半の英詩における〈王党派詩人〉を代表する一人である。優雅で機知に富み,しばしばシニカル抒情詩,とくに恋愛詩は,そもそも世俗的な文学というものを信じなかったピューリタン的気風に対立したのみでなく,ダンの伝統に属する同時代の〈形而上詩〉ともまったく異質であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サックリング
さっくりんぐ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サックリングの関連キーワードジェームズタウンジェームズ湾ドレートンジェームズ島メアリースチュアートウィリアム[3世]ジェームズ[1世]ジェームズ[5世]ジェームズ[6世]ジェームズ[7世]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サックリングの関連情報