サックリング(英語表記)Suckling, Sir John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サックリング
Suckling, Sir John

[生]1609.2.10. ミドルセックス,ホイットン
[没]1642. パリ
イギリスの詩人,劇作家。「王党派詩人」の一人。名門に生れ,ケンブリッジ大学に学んだ。ロンドンにおける華美な生活で著名。詩,戯曲は主として宮廷人の読者をねらって書かれたもので,洗練された奇想と退廃した風俗の描写に富み,王政復古期文学の先駆とされる。内乱に際しては王党派として戦った。その後フランスに逃れ,自殺したと伝えられる。対話集『詩人の法廷』A Session of Poets (1637) ,『黄金断片集』 Fragmenta Aurea (46) ,『遺稿集』 Last Remains (48) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サックリング【John Suckling】

1609‐42
イギリスの詩人。ジェームズ1世の宮廷にきわめて近い家柄に生まれる。ケンブリッジ大学卒業後,法律を修めたが,軍人として身を立てることになった。以後,ピューリタン側からの圧力の強まるなかで,一貫して王党派軍人として,また宮廷人として,立場を変えなかった。詩人としては,17世紀前半の英詩における〈王党派詩人〉を代表する一人である。優雅で機知に富み,しばしばシニカルな抒情詩,とくに恋愛詩は,そもそも世俗的な文学というものを信じなかったピューリタン的気風に対立したのみでなく,ダンの伝統に属する同時代の〈形而上詩〉ともまったく異質であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android