サバラン(英語表記)〈フランス〉savarin

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

サバラン【savarin(フランス)】

洋菓子の一種。小麦粉・砂糖・卵・バター・牛乳などを混ぜた生地をパンのようにイーストを用いて発酵させ、リング状の型を使って焼き、ラム酒やキルシュワッサーの入ったシロップをしみ込ませ、中央のくぼんだ部分にクリームや果物をあしらったもの。◇1840年代にフランスの菓子職人ジュリアン兄弟が考案し、美食家ブリヤ・サバランの業績に敬意を表して名づけたとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

サバラン【savarin】

〔美食家の名から〕
ラム酒などを入れたシロップに浸して、酒の味をつけた丸型のケーキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サバラン

〘名〙 (savarin) フランス菓子の一種。ラム酒をしみ込ませたスポンジケーキ。
※秋のめざめ(1957‐58)〈円地文子〉袋地の家「『麻枝さん、どれ食べる?〈略〉』『私はこの銀紙のサバラン』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のサバランの言及

【ケーキ】より

…(5)発酵生地のもの イーストの発酵を利用して作る生地で,製法はパンと同じであるが,バター,卵,砂糖,牛乳を多く用いるのが特徴。洋酒入りシロップをたっぷり含ませたサバラン,王冠形の型に入れて焼くウィーンの伝統的なクグロフなどがよく知られている。(6)ビスケット生地のもの 小麦粉,バター,砂糖,卵を主材料とする生地を,絞り出したり薄くのばして型で抜いてオーブンで焼く。…

※「サバラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android