コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サボンソウ サボンソウSaponaria officinalis; soap wort

4件 の用語解説(サボンソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サボンソウ
サボンソウ
Saponaria officinalis; soap wort

ナデシコ科の多年草ヨーロッパ原産。地下に白く太い根茎が横たわる。茎は高さ 50~90cm,幅の広い葉を対生する。花は大型で淡紅色,5枚の花弁が平開する。日本で明治初期から栽培されたが近頃はあまり見かけない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サボンソウ

シャボンソウとも。ヨーロッパ,西アジア原産のナデシコ科の多年草。茎の基部は地をはい,上部は直立し,高さ40〜80cm,無柄で披針形の葉を対生。5〜6月,集散花序をつけ,淡紅〜白色で径2〜3cmの5弁花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サボンソウ【common soapwort】

ナデシコ科の耐寒性多年草。ヨーロッパ原産。古くから薬用植物として知られ,根はサポニン類を含むため,セッケン代りに使われたところから,サボンソウともシャボンソウともいわれる。またbouncing Bet,bouncing Bessの英名もある。花も美しいため,花壇用宿根草としてもよく植えられる。草丈は30~80cmぐらいとなり,株立ちとなって茂る。葉は楕円状の披針形で光沢があり,対生する。また目だつ3脈がある

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サボンソウの関連情報