コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サボンソウ Saponaria officinalis; soap wort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サボンソウ
Saponaria officinalis; soap wort

ナデシコ科の多年草。ヨーロッパ原産。地下に白く太い根茎が横たわる。茎は高さ 50~90cm,幅の広い葉を対生する。花は大型で淡紅色,5枚の花弁が平開する。日本で明治初期から栽培されたが近頃はあまり見かけない。全草にサポニンが含まれ,ヨーロッパでは昔洗濯に用いられた。根を乾燥したものが生薬サポナリア根去痰薬などに用いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サボンソウ

シャボンソウとも。ヨーロッパ,西アジア原産のナデシコ科の多年草。茎の基部は地をはい,上部は直立し,高さ40〜80cm,無柄で披針形の葉を対生。5〜6月,集散花序をつけ,淡紅〜白色で径2〜3cmの5弁花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サボンソウ【common soapwort】

ナデシコ科の耐寒性多年草。ヨーロッパ原産。古くから薬用植物として知られ,根はサポニン類を含むため,セッケン代りに使われたところから,サボンソウともシャボンソウともいわれる。またbouncing Bet,bouncing Bessの英名もある。花も美しいため,花壇用宿根草としてもよく植えられる。草丈は30~80cmぐらいとなり,株立ちとなって茂る。葉は楕円状の披針形で光沢があり,対生する。また目だつ3脈がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サボンソウ
さぼんそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サボンソウの関連キーワードオフィキナリス

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サボンソウの関連情報