コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモワール samovar

翻訳|samovar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモワール
samovar

ロシアの家庭用銅製湯沸し。火床を内蔵し,炭火によって常時湯が使えるようになっており,茶の好きなロシア人によって 19世紀頃から愛用された。ロシア語の samo (自身で) +varit' (沸す) が語源。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サモワール(〈ロシア〉samovar)

ロシア特有の、茶を入れるための湯沸かし器。銅製で、中心に火を入れる管が通じる。電気式もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サモワール

ロシア独特の銀製,黄銅製などの卓上湯沸し器。飾りの多い湯沸し壺の中央にパイプが通り,その中に炭火(薪を使用することもある)を入れる。ロシア語のサミ(自分自身)とワリーチ(沸かす)の結合したもので,ロシアの家庭団欒(だんらん)に大きな役割を果たしている。
→関連項目トゥーラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サモワール【samovar】

ロシア特有の喫茶用湯沸器。飲茶の習慣が一般に普及した18世紀末,金属加工の中心地トゥーラで製造が始まった。材料は銅あるいは黄銅で,円筒形ないしは円錐形の容器の内部にパイプが立てられており,その中に主として木炭,ときには乾いた木株や松かさをつめて燃焼させる(図)。近年はニクロム線を組みこんで電熱を利用するものが多い。家庭用では,容量が3lからせいぜい7l程度のものが普通であるが,レストランなどではさらに大型のものが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サモワール【samovar】

ロシア風の湯沸かし器。容器の中央に上下に通じる管があり、そこで木炭を燃やして周囲の水を沸かす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サモワール
さもわーる
самовар samovar ロシア語

ロシア特有の湯沸かし器。サモワールという名前は「ひとりでに沸く」という意味で、ロシアでは19世紀ごろに紅茶の普及とともに広がった。ロシア以外にも、紅茶を飲用するイラン、トルコ、アフガニスタン、パキスタンなどで使われており、とくにこれらの国のチャイ・ハナ(茶店)や駅の屋台の道具となっている。
 中央の鉄製の筒に木炭などの燃料を入れ、その周囲にある水槽の水が温められる仕組みとなっており、水は上部の蓋(ふた)をとって補給し、外側のコックをひねって湯を出す。濃いめに出した紅茶のポットを燃料の筒の上で保温し、各自のカップに注ぎ分け、湯を注いで薄めて勧める。外側には銅、真鍮(しんちゅう)、銀、錫(すず)などが用いられ、美しい装飾を凝らしたものから実用的なものまで、さまざまなものがある。近年は加熱に電気ヒーターを取り付けたものが広まっている。
 ロシアでは食後や夕食前の4時ごろがティータイムとなっているが、それ以外にも何回となくサモワールを用いて紅茶を飲む。したがって寒さの厳しい生活のなかで、いつでも温かい飲み物を飲むことができるたいせつな器具とされてきた。名産地としては、モスクワ郊外のトゥーラがよく知られている。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サモワールの関連キーワードトゥーラ(ロシア連邦)

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サモワールの関連情報