コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤミドロ Oedogonium

2件 の用語解説(サヤミドロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サヤミドロ【Oedogonium】

水田,池,湖沼,湿原などの水草や棒杭などに生育する単列糸状の微細な緑藻の1属で,全世界で約400種,日本では約65種が知られる。有性生殖は卵と精子,無性生殖は遊走子により行われるが,遊泳性の精子と遊走子がともに先端に王冠状に配列する多数の鞭毛をもつこと,および他の緑藻には見られない独特の様式の体細胞分裂を行うことの特徴により,サヤミドロ目Oedogonialesが創設されている。この目にはサヤミドロ科の1科が含まれ,それには,分枝のない糸状体のサヤミドロ属のほかに,分枝する糸状体の先端細胞に刺毛をもつブルボケーテ属Bulbochaeteと先端細胞に刺毛のないエドクラディウム属Oedocladiumの2属が所属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サヤミドロ
さやみどろ
[学]Oedogonium

緑藻類の1属の総称で、約400種を含む大属。体は円筒形の細長い細胞が一列に並んだ糸状体よりなるが、細胞分裂の名残(なごり)である鞘(さや)を細胞どうしのつなぎ目近くにもつので、藻塊を手にとるとひっかかる感じがあり、ぬめりがないのでそれとわかる。和名は、このような鞘があることによってつけられた。藻塊は鮮緑よりは暗色または黄色みを帯びる場合が多い。至る所の止水中に出現する淡水藻である。[小林 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サヤミドロの関連キーワード湖沼学湿原池運上高層湿原本水池役散藻焼け木杭釧路湿原の再生構想