コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラトガの戦い サラトガのたたかいBattle of Saratoga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラトガの戦い
サラトガのたたかい
Battle of Saratoga

1777年9,10月に行われたアメリカ独立戦争中の重要な戦い。 77年7月カナダから南下した J.バーゴイン将軍指揮下の 8000人のイギリス軍はタイコンデロガを襲撃,9月ハドソン川を渡ってサラトガ地域に進出,同月 19日 H.ゲーツ将軍指揮下の1万 2000人のアメリカ軍と戦い,敗北。次いで 10月7日攻撃を再開したが撃退され退却,サラトガで包囲され,17日バーゴインは降伏した。この戦いの結果アメリカ植民地軍の勝利の展望が開け,フランスがアメリカと同盟を結ぶきっかけの一つとなり,独立戦争の転機となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サラトガ‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【サラトガの戦い】

アメリカ独立戦争中の1777年10月、ニューヨーク州北部、ハドソン川上流のサラトガ(Saratoga)で、アメリカ植民地軍がイギリス軍を破った戦い。フランスが公然とアメリカを支援する契機となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サラトガのたたかい【サラトガの戦い】

アメリカ独立革命の流れを変えた戦闘の一。1777年10月ニューヨーク州東部のハドソン川上流域のサラトガ(Saratoga)で英軍がアメリカ植民地軍に敗れ、フランスが公式にアメリカを援助する契機となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラトガの戦い
さらとがのたたかい

アメリカ独立戦争において、アメリカ側が勝利をつかむうえで一つの転機となった戦闘。1777年10月、ハドソン川沿いのサラトガSaratogaで行われた。ゲーツ将軍指揮下の7000人強のアメリカ軍が、バーゴイン将軍指揮下の6000人弱のイギリス軍・国王派軍・インディアン軍の連合軍を降伏させた。アメリカ側の勝利は、フランスが公然とアメリカ支援に回る重要な契機となった。[島川雅史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サラトガの戦いの関連キーワードアメリカ独立革命史(年表)総合年表(アメリカ)サラトガスプリングズアメリカ独立革命オリスカニーアメリカ史アーノルドリンカーンスターク米仏同盟モーガンパトナムルイスハウ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android