コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラファン サラファン sarafan; capaah

5件 の用語解説(サラファンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラファン
サラファン
sarafan; capaah

ロシアの主として女性の着用する代表的民族服。普通はいくぶんゆるやかな,いわゆるジャンパースカート形式をとる。襟ぐりの高低と形,スカート部の装飾や形状にもさまざまあって一定しないが,通常ブラウスの上に着用し,丈の短いものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サラファン(〈ロシア〉sarafan)

ロシアの女性が着る代表的民族衣装。ひもで胸の部分までつるジャンパースカート風のもので、ふつう、ロシア風ブラウスの上に着る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サラファン【sarafan[ロシア]】

20世紀初頭まで日常着として用いられていたロシアの女性の民族服。幅のせまいひもで肩から吊り,胸の部分は体に沿い,裾のほうへ広がった丈長のジャンパースカート状のもの。胸高の切替えがあり,スカートにはプリーツギャザーフレアーなどを入れ,全体に裏地を張るので裾ひろがりの吊鐘形となる。ルバシカ呼ばれるシャツ風のものを下に着る。古いものは直線裁ちが多く襠(まち)が入る。素材は手織り木綿,麻布,絹などを用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サラファン【sarafan】

ロシアの民族服。女性がブラウスの上に着るジャンパー-スカート風のもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラファン
さらふぁん
сарафан sarafan ロシア語

ロシアの民族衣装の一つ。婦人たちがブラウス(ルバハ)の上から着る袖(そで)のない表着。基本的には、体にフィットする袖なしの胴部と、たっぷりとした床丈のスカートが、胸高な切り替えで結合されたもの。ネックラインの位置や形はさまざまで、決まりはない。ギャザーがたっぷりと入ったソフトな白いブラウスの上に着用する。シルクのブロケードやサテンなどの豪華な織物のほか、ウール、カシミヤ、木綿などを用いてつくられる。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラファンの関連キーワードアロハシャツセント・バーナードパルティータ半尻ポロシャツ字喃パクスブリタニカマデイラ酒藁算ブロラ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラファンの関連情報