コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族服 みんぞくふく

3件 の用語解説(民族服の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民族服
みんぞくふく

ほぼ同一地域に居住し,言語,宗教その他の文化的諸要素を共有し,自律的な連帯感をもつ種族的集団の着用する共通した服型の総称。服装の認識が時間的差異の関係におかれるとき,それは一般に歴史服といい,空間ないし地域的差異の関係におかれるとき,それは民族服と呼称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みんぞくふく【民族服】

諸民族の固有の服装をいう。服装が時代によってなぜ,どう変化するかをみていくのが〈服装史〉だとすれば,服装が地域によってなぜ,どう異なるかをみていくのが〈民族服〉の研究であるといえる。それはまた,一方では国際的流行服に対応するものとして,広義には民族衣装national costumeを,狭義には山村僻地(へきち)に遺存する一種の郷土的民俗服folk costumeを指し,ときには農民服peasant costumeと呼ばれる場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みんぞくふく【民族服】

ある土地の自然環境・生活様式・信仰などに適応した、独特の素材・技法・形式による伝統的な衣服。現代では多く、晴れ着・礼服として用いられる。民族衣装。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民族服の関連キーワードコスチューム祭服服装洋服征衣夏姿洋装略装弘慶子ペザントルック

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

民族服の関連情報