サラ(英語表記)Sarah

翻訳|Sarah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラ
Sarah

旧約聖書に記されているアブラハムの妻。旧名サライといったが,神が彼女を祝福しアブラハムに男子を授けることを約されたときからサラ(ヘブライ語で「女主人,王妃」の)と呼ばれた。サラはアブラハムとともにカルデアウルを離れたときから始まる波乱の生涯を送ったが,神の約束どおり,子を産めない彼女にイサクが授けられ,イスラエルの母としての地位が与えられた(創世記 18章以下)。新約聖書にサラの信仰と夫への従順に対する賛辞が述べられている(ヘブル書 11・11,ペテロ1書〈→ペテロの手紙〉3・6)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サラ

〘名〙 「サラブレッド」の

サラ

(Śarāh) 「聖書」に出てくる人の名。アブラハムの妻。九〇歳でイサクを産む。新約聖書では、サラの出産を信仰の力によるとする。サライ。

サラ

〘名〙 「サラリーマン」の略。「脱サラ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サラ

[語素]形容詞の語幹や名詞に付いて、サラリー・サラリーマンなどの意を表す。「安サラ」「脱サラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android