コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルガッソー海 サルガッソーかいSargasso Sea

翻訳|Sargasso Sea

6件 の用語解説(サルガッソー海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルガッソー海
サルガッソーかい
Sargasso Sea

藻海ともいう。北大西洋,北緯 20°~35°,西経 30°~70°の範囲を占める比較的広い海域。コロンブスにより初めて報告されたが,カルタゴ人が前 530年にここに達したという可能性もある。周囲を時計回りに海流 (ガルフストリーム) がめぐっている。雨量は少いが,水蒸気が多く風は弱い。澄んだ水中に浮遊する海藻が多いのが特徴で,この海藻をサルガッソー海藻,ガルフ海藻という。動物は海洋性のものよりは沿海性のものが多く,なかには海域独特のものもある。 1910年の学術探検隊はここをウナギの孵化場と認定した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サルガッソー海【サルガッソーかい】

北大西洋の一部で,北緯20°〜40°,西経35°〜75°の間の海域。英語でSargasso Sea。西インド諸島アゾレス諸島の間に相当する。北赤道海流メキシコ湾流カナリア海流の中間にあり,比較的静かな海で知られる。
→関連項目海水大西洋ホンダワラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

海の事典の解説

サルガッソー海

北大西洋の亜熱帯循環の内側の、ほとんど流れのない海域(およそ20~-40°N, 30~-80°Wの範囲)を言う。ホンダワラ類(Sargassum)が多く漂っていることから、この名が付けられており、藻海あるいは大藻海と訳され る。西インド諸島やフロリダ海岸の海藻が波にさらわれて流れ藻となり、湾流に運ばれてきたものである。この海域の水温・塩分は他の海域に比べて高い。ま た、プランクトンが非常に少なく、世界で最も透明度の高い海域である。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サルガッソーかい【サルガッソー海 Sargasso Sea】

フロリダ海流,湾流,北大西洋海流,カナリア海流,北赤道海流,アンティル海流などの北大西洋を時計回りに一巡する大海流系の中心部のほとんど流れのない亜熱帯収束域(北緯20~40゜,西経30~80゜)をいう。この名は,ここにホンダワラ類(属名Sargassum)の海藻がたくさん表層に漂っているところからきている。藻海とか大藻海とも呼ばれる亜熱帯高気圧帯に属し,風も弱いので帆船時代には〈船の墓場〉として恐れられたこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルガッソー海
さるがっそーかい
Sargasso Sea

北大西洋のアメリカ合衆国およびバハマ諸島東方の広大な海域。サーガッソー海ともいう。北と西はガルフストリーム(メキシコ湾流)によって明確に画されるが、南と東の境はあまりはっきりせず、東は西経40度、南は北緯20度ぐらいまでとされる。同海域の周縁を囲むようにガルフストリーム、北赤道海流、カナリー海流が時計回りの循環運動をし、深部で大部分がガルフストリーム本流に流れ込んでいる。しかし海面に近い海流の運動は、とくに夏季にはその方向を逆転させるため、循環運動が静止することが知られている。海水の蒸発量が降水量より大きく、水温、塩分も高い。そのためプランクトンが少なく、透明度は世界の海のなかでもっとも高い。サルガッソーの名は海藻のホンダワラ(サルガッサム)に由来し、海水面に浮遊する黄褐色のホンダワラと紺碧(こんぺき)の海とが鮮やかな色彩の対比をなす。推計によると、同海域周辺に浮遊するホンダワラの量は400万~1100万トンに達するとされる。かつては繁茂する藻が船にまつわりついて、航行の自由を失い、難船すると恐れられていた。またこの海域は、ヨーロッパ産のウナギの産卵場として知られる。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサルガッソー海の言及

【ウナギ(鰻)】より

…体が透明でヤナギの葉のような形をしたレプトセファラス(葉形幼生)がウナギの仔魚(しぎよ)であることは,当時すでに知られていた。シュミットは1904年から調査船で北大西洋の各水域を回って採集を重ねた末,より小さなレプトセファラスの採集される場所をたどって,ついに22年バミューダ島の南東方のサルガッソー海がウナギの産卵場であることをつきとめた。日本のウナギの産卵場はまだ明らかにされていないが,これまでのレプトセファラスの採集された位置や海洋条件などから判断して,沖縄の南方,台湾の東方の水域が産卵場としてもっとも有力視されている。…

【大西洋】より

…北大西洋の東西岸が一連の海洋生物地理区となる点では太平洋の場合と同じであるが,中緯度,低緯度の沿岸浅海生物相でも東西両岸にあまり著しい差がなく,多くの共通種が見られることは太平洋の場合とまったく異なる。 表層の植物プランクトンによる基礎生産量は,太平洋と同様に縁辺部には大洋としては高い生産量を示す富栄養域(炭素にして250mg/m2・日)が存在するが,その沖合の中栄養域(炭素にして100~250mg/m2・日)の部分が赤道以北では中央部まで広がり,貧栄養域(炭素にして100mg/m2・日以下)がフロリダ東方沖合の環流部に当たるサルガッソー海に局限されていることは,太平洋とは著しい対比が見られる点である。サルガッソー海は大西洋における〈うなぎ〉の産卵場として知られ,孵化(ふか)した幼生は成長しながら北アメリカ東岸やヨーロッパに向かって運ばれる。…

【流れ藻】より

…ホンダワラ類は2~3ヵ月生き続け,量的にも多く,広い海域に出現する。サルガッソー海(藻海)は海面を流れ藻が埋めつくしている特殊な水域だが,この構成種はもともとはヨーロッパやアフリカの沿岸で着生生活を送るホンダワラの種類が,海面での浮遊生活でも生活史を全うできるようになった変種である。太平洋ではこういった流れ藻はいまだ認められていない。…

【ホンダワラ】より

…おもな種類にマメダワラS.piluliferum Ag.,ウミトラノオS.thunbergii Ag.,アカモクS.horneri (Turn.) Ag.,ノコギリモクS.serratifolium Ag.,ホンダワラS.fulvellum (Turn.) Ag.などがある。大西洋のサルガッソー海は〈藻の海〉の意で,ホンダワラ類が海面に多量に浮遊して群落をつくっているところであり,その主要種はS.natans (L.) Meyenである。最近,ホンダワラ類を大量養殖し,これをバクテリアにより発酵させてメタンガスを得るエネルギー計画の実験が日本で進められている。…

※「サルガッソー海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サルガッソー海の関連情報