コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタレン Santarém

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタレン
Santarém

ブラジル北部,パラ州西部の都市。中心集落はアマゾン川支流タパジョス川の最下流部右岸に位置する河港都市で,州都ベレンの西約 700kmにある。 1661年イエズス会の伝道所が建設されたことに始り,のち要塞を中心に集落が形成され,1848年市となった。現在タパジョス川流域の商業中心地で,沿岸に産するローズウッド油,ゴム,木材,ジュートなどを積出す。市南方の標高約 120mのサンタレン台地はアマゾン流域有数の肥沃な農業地帯で,イネ,豆類,キャッサバなどの栽培が盛ん。アルミナ,製油などの工場も立地。ベレンとマナウスの間のアマゾン川沿岸最大の都市で,同川を遡航する外洋船の寄航地となっているとともに,タパジョス川水運の起点であり,市から約 270km上流まで外洋船が遡航,川船によってさらに上流にさかのぼることができる。 1976年にはマトグロッソ州の州都クイアバから北上するトランスアマゾン・ハイウェーが市まで通じ,陸上交通の要地ともなっている。人口 26万 5105 (1991推計) 。

サンタレン
Santarém

古代名スカラビス Scalabis。ポルトガル中部,サンタレン県の県都。テージョ川右岸にある港町。テージョ川下流の肥沃な農業地帯の商業中心地で,食品加工も盛ん。ローマ支配時代からの町で,国土回復運動の時期には重要な要塞であった。中世からの聖堂,修道院,イエズス会の学校 (1676) などがある。人口2万 3690 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンタレン【Santarém】

ブラジル北部,パラ州第2の都市。人口16万8153(1991)。1661年建設。タパジョス川の右岸,アマゾン本流との合流点付近,標高20mの台地上に位置する河港都市。ベレン~マナウスの中間で,定期船の寄航地。中型ジェット機発着の空港があり,河川沿いの諸集落との交通の結節点商業都市。ジュート,木材,植物油脂加工,織物業の諸工業がある。雨季1~6月,乾季7~12月。1977年,クイアバからアマゾンを縦断する国道が開通(未舗装)。

サンタレン【Santarém】

ポルトガル中部,リバテージョ地方の同名県の県都。テージョ川の右岸にあり,県内の商工業の中心。人口1万5252(1981)。8世紀初頭よりイスラム教徒の重要な軍事的拠点であったが,1147年アフォンソ1世の率いるポルトガル軍の奇襲作戦により一夜にして落城する。ポルトガルの〈ゴシック様式の都〉と呼ばれ,ブラジル発見者カブラルの葬られたグラサ教会をはじめ,市内には歴史的建造物が多い。【弥永 史郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンタレン
さんたれん
Santarm

ポルトガル中西部、リバテージョ県の県都で、同県の経済、文化の中心都市。テージョ川(タホ川)下流の右岸にある。人口2万7683(2001)。河港を有し、ぶどう酒取引の中心地。付近は農業地域で、オリーブ、穀物栽培が盛んである。ローマ時代に起源を有し、レコンキスタ(国土回復戦争)の時代には、イスラム教徒からのポルトガル南部奪回の橋頭堡(きょうとうほ)として重要な役割を果たした。その要塞(ようさい)やゴシック様式の教会、修道院などがある。騎乗して行うポルトガル式闘牛もみられ、毎年5月の農業祭りを中心に訪れる人も多く、観光が盛ん。[田辺 裕・柴田匡平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サンタレンの関連キーワードアウテールドションフォルドランディアサ・ダ・バンデイラブラジルの古代文化テージョ[川]エルクラーノびゃくだん油ファティマトマールオビドスソーザ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android