コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントメ サントメ São Tomé

3件 の用語解説(サントメの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サン‐トメ(São Tomé)

アフリカ西岸、ギニア湾東部のサントメ島北東岸の港湾都市サントメプリンシペ共和国の首都。15世紀後半にポルトガル人が入植し、奴隷交易やサトウキビカカオプランテーションにより栄えた。1975年にポルトガルからの独立に伴い、首都になった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サントメ【São Tomé】

サントメプリンシペ民主共和国の首都。サントメ島の北岸に臨む港湾都市。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サントメ
さんとめ
So Tom

西アフリカ赤道直下のギニア湾に浮かぶ小国サントメ・プリンシペの首都。人口4万3420(1991センサス)、5万4000(2001推計)。同国の主島サントメ島の北東海岸に位置する港町で、15世紀後半にポルトガル人が到達して以来、同島の中心地であった。16世紀前半まではサトウキビのプランテーション農業を中心に発展、17世紀からはアンゴラからの奴隷貿易の中継基地としての役割を果たした。現在は同国の政治、経済の中心地となっている。[端 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サントメの関連キーワードギニア湾赤道ギニアニジェール川ハルマッタンアフリカ菫サントメプリンシペサン・トーメ[島]ビオコ[島]プリンシペ[島]サントーメ・プリンシペ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サントメの関連情報