サンバルテルミーの虐殺(読み)サンバルテルミーノギャクサツ

デジタル大辞泉の解説

サンバルテルミー‐の‐ぎゃくさつ【サンバルテルミーの虐殺】

《〈フランス〉Saint-Barthélemy》1572年8月24日(聖バルテルミーの祝日)の未明、パリに集まっていたユグノー新教徒)が、カトリーヌ‐ド‐メディシスらによって虐殺された事件。3000人以上が殺され、虐殺は地方にも拡大し、ユグノー戦争は激化した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サンバルテルミーのぎゃくさつ【サンバルテルミーの虐殺】

フランスで、1572年8月23日夜から24日にかけて聖バルテルミー(St. Barthélemy)祭の日にカトリーヌ=ド=メディシスらが行なった新教徒虐殺事件。パリで数千人、全国で約一万人の死者を出し、ユグノー戦争の激化を招いた。セントバーソロミューの虐殺。聖バルテルミーの虐殺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android