コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンピエトロ広場 サンピエトロヒロバ

デジタル大辞泉の解説

サンピエトロ‐ひろば【サンピエトロ広場】

Piazza San Pietro》バチカン市国のサンピエトロ大聖堂の前にある広場。長さ340メートル、幅240メートルの楕円形の広場で、17世紀のバロック様式を代表する彫刻家・建築家ベルニーニが設計した。中央にローマ皇帝カリグラが紀元1世紀にエジプトから運んだ高さ25.5メートルのオベリスクがあり、半円形の回廊の上部に140体の聖人像が飾られている。1984年、「バチカン市国」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンピエトロひろば【サンピエトロ広場】

イタリアの首都ローマ(Comune di Roma)の市街北西部にある、バチカンの丘の上(バチカン市国)にある広場。丘の南東端にあるカトリックの総本山、サンピエトロ大聖堂前の楕円形の広場である。17世紀の画家・彫刻家・建築家のベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini、1598~1680年)の設計によるもので、長径240mの広場の左右に4列のドーリア式円柱284本と140体の聖人像を配し、広場中央にオベリスクが建っている。◇このオベリスクは、西暦37年にカリグラ帝がエジプトからローマに運び込んだもので、16世紀の末にサンピエトロ広場に移設された。この広場には40万人の人間を収容できる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンピエトロ広場の関連情報