サンルイスポトシ(英語表記)San Luis Potosí

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンルイスポトシ
San Luis Potosí

メキシコ中部,サンルイスポトシ州の州都。メキシコ市の北西約 350km,メキシコ高原中部にあり,標高約 1880m。 1583年フランシスコ修道会の伝道所が建設されたことに始り,1658年市となった。スペイン植民地時代にはこの地方の行政中心地として繁栄し,メキシコ独立に続く政治的混乱期には重要な役割を果した。 1863年には B.フアレス大統領が短期間であるがここに政府を移し,1910年 F. I.マデロがメキシコ革命を起すべく決起を呼びかけた「サンルイスポトシ計画」を起草した地としても知られる。現在周辺の農業地帯の商工業中心地として,農産物の集散や,ロープ,ブラシ,靴,綿織物,毛織物,衣服などの製造を行うほか,豊かな銀産地帯の中心地で,大規模な製錬所がある。市内には典型的なチュリゲラ様式の大聖堂をはじめとする多くの美しい聖堂がある。サンルイスポトシ自治大学 (1923) 所在地。交通の要地で,道路,鉄道が四通する。人口 52万 5819 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android