コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーニン サーニン Sanin

4件 の用語解説(サーニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーニン
サーニン
Sanin

ロシアの作家 M.アルツイバーシェフ長編小説。 1907年発表。主人公の青年サーニンは自由な生活を求めて家族のもとを離れ,放浪したり政治運動に参加したりしたあと,すべてに絶望して,母と妹のいる故郷に帰る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サーニン(Sanin)

ロシアの作家アルツィバーシェフの長編小説。1907年刊。1905年の革命で敗北したインテリ階級の挫折感を、青年サーニンの虚無的で刹那(せつな)的快楽に生きる姿を通して描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サーニン【Sanin】

ロシアの作家アルツィバーシェフの小説。1907年刊。ひたすら性本能に生きる虚無主義者サーニンを描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーニン
さーにん
Санин Sanin 

ロシアの作家アルツィバーシェフの長編小説。1907年刊。発表されるや、その大胆な性愛描写と自由恋愛の主張によってセンセーションを巻き起こした。一地方都市の青年群像が、ことに革命運動に加わったかどで首都から追放されて故郷に帰ってきたユーリーと主人公サーニンとが対照的に描かれることで、話が進められる。活動の場を失ったユーリーは生の無意味さと自分のちっぽけさを自覚して、最後には自殺する。サーニンは肉体の解放、自然な欲望の充足を主張して、実践する。「無制限に恋愛を享楽すべきです……恋愛の形式そのものも、偶然と突然と結合との限りない連鎖へと広がっていくでしょう」と。サーニンはユーリーの恋人カルサービナを暴力的に犯す。[小平 武]
『中村白葉訳『サーニン』全2冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーニンの関連キーワードサーニズムアルツィバーシェフオーナーシェフシェレメチェフ宮殿サンダイバースーパーシェフデルチェフ裁判ヘルシーシェフロシアの恋人原久一郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーニンの関連情報