コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーニン サーニンSanin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーニン
Sanin

ロシアの作家 M.アルツイバーシェフ長編小説。 1907年発表。主人公の青年サーニンは自由な生活を求めて家族のもとを離れ,放浪したり政治運動に参加したりしたあと,すべてに絶望して,母と妹のいる故郷に帰る。その小都市を舞台に,サーニン兄妹,若い医者,革命家の学生,美しい女教師,放縦な将校らの錯綜した愛と希望,性の解放,挫折と自殺などを通して,05年の革命の敗北後の閉ざされた時代の青春群像を描いている。極端なまでの個人主義とニヒリズム,性の解放を賛美する主人公の思想は,「サーニズム」の名のもとに一世を風靡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サーニン(Sanin)

ロシアの作家アルツィバーシェフの長編小説。1907年刊。1905年の革命で敗北したインテリ階級の挫折感を、青年サーニンの虚無的で刹那(せつな)的快楽に生きる姿を通して描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

サーニン【Sanin】

ロシアの作家アルツィバーシェフの小説。1907年刊。ひたすら性本能に生きる虚無主義者サーニンを描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーニン
さーにん
Санин Sanin 

ロシアの作家アルツィバーシェフの長編小説。1907年刊。発表されるや、その大胆な性愛描写と自由恋愛の主張によってセンセーションを巻き起こした。一地方都市の青年群像が、ことに革命運動に加わったかどで首都から追放されて故郷に帰ってきたユーリーと主人公サーニンとが対照的に描かれることで、話が進められる。活動の場を失ったユーリーは生の無意味さと自分のちっぽけさを自覚して、最後には自殺する。サーニンは肉体の解放、自然な欲望の充足を主張して、実践する。「無制限に恋愛を享楽すべきです……恋愛の形式そのものも、偶然と突然と結合との限りない連鎖へと広がっていくでしょう」と。サーニンはユーリーの恋人カルサービナを暴力的に犯す。[小平 武]
『中村白葉訳『サーニン』全2冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サーニンの関連キーワードグリンカ(Mihail Ivanovich Glinka)ミハイル アルツィバーシェフヨシフ・ボロツキーイワン ペトロフ中島 清グリンカ性本能