コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザキントス島 ザキントストウ

2件 の用語解説(ザキントス島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ザキントス‐とう〔‐タウ〕【ザキントス島】

ZakinthosΖάκυνθοςギリシャ西部、イオニア海にある島。イオニア諸島に属す。英語名ザンテ島。中心地は東岸のザキントス。ペロポネソス半島の港町キリニとフェリー結ばれるベネチア共和国の支配下で繁栄し、「東方の花」と称された。1953年をはじめ、過去にたびたび大地震による被害を受けている。同島の守護聖人ディオニシオスの聖遺物が安置されるアギオスディオニシオス教会には、毎年8月に数多くの巡礼者が訪れる。また、石灰岩の断崖に囲まれ、白砂の浜辺に廃船が横たわるアギオスゲオルギオス湾(通称ナバイオ)は同島屈指の景勝地として知られる。詩人ディオニシオス=ソロモス、ウーゴ=フォスコロの生地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザキントス島
ざきんとすとう
Zkinthos

ギリシア西部、イオニア諸島の最南部、ペロポネソス半島西岸沖に位置する島。面積402平方キロメートル。英語名ザンテZante。近くの小島をあわせてザキントス県をなし、県の人口は3万9300(2003推計)。県都は東岸のザキントス(人口1万2500、2003推計)。山がちで、島頂はブラヒオナ山(756メートル)。東部には平原が開け、人口が集中している。温和な気候に恵まれ、雨量も多く、オリーブブドウの栽培が盛んである。
 島全体が火山帯の中心にあるため、地震によりしばしば大被害を受けてきた(1514、1893、1953)。古代にはアカイア人、アルカディア人の植民地となり、古代アテネの海軍基地にもなった。ベネチア支配下で繁栄し、その美しさは「イオニアの花嫁、レバントの華」と歌われた。文化的にもベネチアの影響が強く、近代ギリシア文学発祥の一中心地として知られ、偉大な詩人ソロモス、カルボス、フォスコロらを輩出した。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザキントス島の関連キーワードコリンソス地峡ΑκροκόρινθοςΑλίανθοςΚυδωνίαΚόρινθοςコリンソス遺跡コリンソス運河コリントス遺跡コリントス地峡Τίρυνθα

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone