コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザキントス島 ザキントストウ

デジタル大辞泉の解説

ザキントス‐とう〔‐タウ〕【ザキントス島】

ZakinthosΖάκυνθος》ギリシャ西部、イオニア海にある島。イオニア諸島に属す。英語名ザンテ島。中心地は東岸のザキントス。ペロポネソス半島の港町キリニとフェリーで結ばれる。ベネチア共和国の支配下で繁栄し、「東方の花」と称された。1953年をはじめ、過去にたびたび大地震による被害を受けている。同島の守護聖人ディオニシオスの聖遺物が安置されるアギオスディオニシオス教会には、毎年8月に数多くの巡礼者が訪れる。また、石灰岩の断崖に囲まれ、白砂の浜辺に廃船が横たわるアギオスゲオルギオス湾(通称ナバイオ)は同島屈指の景勝地として知られる。詩人ディオニシオス=ソロモス、ウーゴ=フォスコロの生地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザキントス島
ざきんとすとう
Zkinthos

ギリシア西部、イオニア諸島の最南部、ペロポネソス半島西岸沖に位置する島。面積402平方キロメートル。英語名ザンテZante。近くの小島をあわせてザキントス県をなし、県の人口は3万9300(2003推計)。県都は東岸のザキントス(人口1万2500、2003推計)。山がちで、島頂はブラヒオナ山(756メートル)。東部には平原が開け、人口が集中している。温和な気候に恵まれ、雨量も多く、オリーブ、ブドウの栽培が盛んである。
 島全体が火山帯の中心にあるため、地震によりしばしば大被害を受けてきた(1514、1893、1953)。古代にはアカイア人、アルカディア人の植民地となり、古代アテネの海軍基地にもなった。ベネチア支配下で繁栄し、その美しさは「イオニアの花嫁、レバントの華」と歌われた。文化的にもベネチアの影響が強く、近代ギリシア文学発祥の一中心地として知られ、偉大な詩人ソロモス、カルボス、フォスコロらを輩出した。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ザキントス島の関連キーワードイタリア文学ウェサリウス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android