コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干しぶどう ほしぶどう raisin

翻訳|raisin

2件 の用語解説(干しぶどうの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干しぶどう
ほしぶどう
raisin

レーズンともいう。ぶどうを干したもの。アメリカカリフォルニア州スペインイタリアギリシア,中国などが主産地。アメリカには小粒で干しぶどう専用のトンプソンシードレス種 (種子なし) と大粒のホワイトマスカット種がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

干しぶどう
ほしぶどう

ブドウの実を乾燥したもの。レーズンraisinともいう。レーズン製造の歴史はたいへん古く、古代の中近東でつくられていた。紀元前にはアルメニア王国で、その後小アジアでおもにつくられ、13世紀のころにはスペインとハンガリーがレーズン市場を支配した。18世紀以降カリフォルニアが世界最大の生産地となり、オーストラリアヨーロッパ(ギリシア、スペイン)、中国でもつくられている。製法は天日乾燥人工乾燥とがある。ブドウの品種としては種なしのトムソンシードレス、ブラックコリンズやサルタナがよく知られている。また、種子を抜いたマスカット類を用いたものもある。日本で市場に出回っているものはほとんどが輸入品である。原料ブドウの品種や生産地で酸味・甘味に差がある。色の淡い干しぶどうでは小粒のサルタナがよく出回っている。
 干しぶどうは炭水化物が約80%を占め、高エネルギー食品である。しかも保存性がよく、軽いので、登山などの携帯食に適している。ミネラルではカリウム、鉄が多い。用途は、そのまま食用とするほか、ケーキ、クッキー、パイ、パンなどの副材料にする。また、肉料理、ピラフ、サラダなど料理にも用いる。さっと湯を通してほこり臭や汚れをとり、ブランデーやラム酒に漬けて用いると風味がよい。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

干しぶどうの関連キーワード五香粉豆打夏干し葡萄パンレーズン干し葡萄ラムレーズンレーズンパンオールレーズンラク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

干しぶどうの関連情報