ザンクト・ガレン(読み)ザンクトガレン

百科事典マイペディアの解説

ザンクト・ガレン

フランス名サン・ガルSaint-Gall。スイスボーデン湖チューリヒ湖の間,ドイツ国境近くの同名州の州都ザンクト・ガレン修道院を中心に発達。修道院付属の教会,古写本象牙細工で著名な図書館などのバロック建築がある。刺繍(ししゅう)を特産し,繊維,チョコレート製造,機械工業が行われる。7万2040人(2008)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザンクト・ガレン
ざんくとがれん
Sankt Gallen

スイス北東部、ザンクト・ガレン州の州都。標高670メートルの地にある。人口6万9909(2001)。フランス語名サン・ガルSaint Gall。8世紀にベネディクト会のザンクト・ガレン修道院ができ、8~11世紀にはヨーロッパの重要な文化中心の一つであった。1180年に都市権を得、活動的な領主司教の影響下にあって政治的よりも経済的に重要な町として発展を続けた。古い建築にみるべきものがあり、18世紀なかばに再建された大聖堂はスイスでもっとも美しい後期バロック様式の建築として有名で、その二つの塔は町のシンボルとなっている。
 ザンクト・ガレン州は面積2026平方キロメートル、人口45万2600(2001)。州内にはグラールス・アルプス、アッペンツェル・アルプスがあり、これらの高地ではライン川、ゼーツ川、リント川の河谷平野とともに牧畜を中心とした農業が盛んである。河谷はフェーン風の通り道で、野菜、トウモロコシ、タバコ、ブドウなどが栽培される。この州はチューリヒと並んで早くから東スイスの工業化の中心であり、13世紀にザンクト・ガレン市に始まり周辺に広がった亜麻(あま)織物業の伝統が、19世紀に紡績、刺しゅう工業をおこし、同じころ鋳物・機械工業をも立地させた。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android