コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンジュの乱 ザンジュのらん

世界大百科事典 第2版の解説

ザンジュのらん【ザンジュの乱】

869‐883年にイラク南部のサワード地方で起こった反乱。反乱軍の兵士の多くがザンジュzanjと呼ばれた黒人奴隷であったため,一般にこう呼ばれるサワード地方では,灌漑,排水,地表の塩分除去が農耕に不可欠で,その作業を奴隷にさせる大農場経営がササン朝時代から盛んであった。農場奴隷は東アフリカのザンジュやスーダン人マグリブ人などさまざまであったが,ザンジュが最も多かったと考えられる。サワードのザンジュはイスラム時代になってからこの乱以前にも2度反乱を起こしたことが記録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザンジュの乱
ざんじゅのらん

イスラム初期の時代に、イラク南部で起きた黒人奴隷を中心とする反乱。東アフリカ沿岸出身の黒人(ザンジュzanj)は、イラク南部で地表の硝酸塩を除去する耕地造成に過酷に使役されていた。ウマイヤ朝のとき総督ハッジャージュ(661ころ―714)に対し、ザンジュのライオンと称したリヤーフ指導下の反乱が起きた。またアッバース朝時代には、テヘラン近くのライ出身のアラブでかつて宮廷に仕えていたアリー・イブン・ムハンマドは、第4代カリフ、アリーの子孫と称し、864年バフライン(現ハサ)で商人やアラブ遊牧民を味方に、868年にはバスラ市内で市民に支持を訴えて挙兵したが政府軍に倒された。ついでザンジュなど黒人奴隷を味方につけ、バスラの一部有力者の協力も得て869年挙兵し、バスラを占領し、近くのムフターラに都を建て、政府軍やサッファール朝と戦って、一時アフワーズワーシトを奪い、国家体制も整えた。しかし、883年カリフの弟ムワッファクの軍は2年の攻撃後ムフターラを陥れ、アリーは服毒自殺したらしい。[余部福三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ザンジュの乱の関連キーワードザンジの乱ロタール[2世]惟宗氏ザンジュの乱禅宗メトディオスエドマンドロタール2世四谷の千枚田液体金属ナトリウム