コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シイタケ(椎茸) シイタケLentinus edodes(Cortinellus shiitake)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シイタケ(椎茸)
シイタケ
Lentinus edodes(Cortinellus shiitake)

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。ナラ,ミズナラカシクヌギシイなどの広葉樹林の枯れた幹に天然に着生するが,榾木 (ほたぎ) 上に栽培される。傘は径5~10cmの円形で,生える向きによってやや腎臓形になる。開ききっても縁は内側へ巻いた形になる。表面は茶褐色または紫褐色,乾くと黒みがかる。しばしば濃い色の鱗被をもっている。柄は長さ 3cmぐらいで,強靭である。一種の香気をもち,味もよく,すぐれた食用キノコである。日本,台湾,朝鮮半島,中国,スラウェシ島に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シイタケ(椎茸)【シイタケ】

日本〜東南アジアの林内のカシやシイなどの樹幹に発生するキシメジ科のキノコ。全体が堅い肉質。かさは径6〜10cm,黒褐色で,しばしば亀裂を生じる。中国,日本の代表的な食菌。
→関連項目キノコ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シイタケ【シイタケ(椎茸) Lentinus edodes (Berk.) Singer】

担子菌類キシメジ科のキノコで,日本の栽培キノコの代表種(イラスト)。かさの径5~10cmで,まれに20cmにも達することがある。はじめ球形,のちまんじゅう形から平らに開く。表面は淡褐色,茶褐色,紫褐色など。はじめ周辺部には白色~淡褐色で綿毛状の被膜があり,その小破片がかさ面に散在する。幼時にはかさの縁部が内側に巻き,茎との間に白色の綿毛状の膜があるが,のち破れて不完全なつばを茎に残す。肉は厚く白色で,乾燥すると高い香気がでる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシイタケ(椎茸)の言及

【核酸発酵】より

…60年になり国中明は5′‐IMP,5′‐GMP,5′‐キサンチル酸(5′‐XMP)などのヌクレオチドがすぐれた呈味性を有すること,またこれらの化合物がグルタミン酸ナトリウムと強い相乗効果を有することを見いだした。鰹節のうまみは5′‐IMP,シイタケのうま味は5′‐GMPで,現在グルタミン酸ナトリウムに5′‐リボヌクレオチドを88:12の割合でコーティングしたり,顆粒(かりゆう)にした複合調味料が市販されている。呈味性ヌクレオチドの工業的製造法は,1959年国中明,坂口謹一郎ら,つづいて大村栄之助,緒方浩一らにより,酵母RNAの微生物酵素による分解法として開発され,61年ころから生産が開始された。…

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…キノコといわれる生物は菌類の中で大型な子実体をつくる菌をさし,学問的用語というより,通俗的な言葉である。しかしキノコの大部分は担子菌類に所属し,マツタケ,シイタケなどのハラタケ目とサルノコシカケの仲間によって代表される。これらのキノコは森林で生活し,落葉や木材を分解する主役となり,森林生態系における物質循環にあって掛替えのない役割をはたす。…

【対馬】より

…山林は薪炭材や炭鉱の坑木,パルプ材として利用されてきたが,今日では建築用材としての杉,ヒノキが重要性をもつにいたり,1959年に設立された対馬林業公社などによって,年々造林面積は拡大している。60年ころからは豊富なコナラなどの原木資源を利用したシイタケ生産が盛んとなり,長崎県の干しシイタケ生産のほとんどを占める。品質は優れ,とくにドンコは定評がある。…

※「シイタケ(椎茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android