コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核酸分解酵素 かくさんぶんかいこうそ nuclease

翻訳|nuclease

1件 の用語解説(核酸分解酵素の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かくさんぶんかいこうそ【核酸分解酵素 nuclease】

生物は核酸(DNARNA)を合成する酵素と同時にそれを分解する酵素ももっている。核酸分解酵素は多種類の酵素の総称であり,これは高分子量の核酸を分解するもの(ポリヌクレオチダーゼ)と核酸の構成単位であるヌクレオチドヌクレオシドを分解する酵素に分類されるが,ここでは主に前者について述べる。核酸分解酵素の種類は合成酵素よりもはるかに多く,生命維持のために必要な,きわめて多様な役割を果たしている。 核酸分解酵素は,まず基質の種類(DNAかRNAか)によって大きくデオキシリボヌクレアーゼ(DNase)とリボヌクレアーゼ(RNase)に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の核酸分解酵素の言及

【消化酵素】より

…以上の各段階で,各種の消化酵素が関与する。 消化酵素にはタンパク質,炭水化物(デンプン),脂肪,核酸のそれぞれを分解し,小分子にするものがあり,タンパク質分解酵素,炭水化物(デンプン)分解酵素,脂肪分解酵素,核酸分解酵素と呼ばれる。最終産物は,炭水化物→二糖類,単糖類(グルコース),タンパク質→ジペプチド,アミノ酸,脂肪→脂肪酸とグリセロールである。…

※「核酸分解酵素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

核酸分解酵素の関連キーワードグアニン伝令RNAポリメラーゼRNA依存RNAポリメラーゼクエン酸合成酵素脂肪合成トランスファーRNAポリA尾部ポリメラーゼ連続反応

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核酸分解酵素の関連情報