コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェラ シェラ Chellah

2件 の用語解説(シェラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シェラ(Chellah)

モロッコの首都ラバトにある古代ローマ時代の遺跡。当時はサラという植民都市があった。その後、長らく廃墟のままだったが、14世紀、マリーン朝時代に墓地として利用された。古代ローマの凱旋門(がいせんもん)や広場の遺構、マリーン朝のアブー=アルハサン=アリーの墓などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

シェラ

1903-1982.米国オハイオ州生まれ.1950年代から1960年代の米国を代表する図書館研究者,図書館学教育者の一人.エール大学で英文学を学んだ後,大学図書館専門図書館の勤務を経て,シカゴ大学図書館学大学院博士課程に入学し,バトラーウィルソン(Louis Round Wilson 1876-1979)らの薫陶を受けながら,米国公共図書館史の博士論文『パブリックライブラリーの成立』(Foundations of the Public Library1944)をまとめる.第二次大戦後は,シカゴ大学を経て,1952年に新設のウェスタンリザーブ大学図書館学部の学部長に就任,ドキュメンテーション概念の確立と普及,分類目録の研究,ライブラリアンシップ基礎論の検討,図書館学教育といった広い分野で活動した.主著は,上記のほか,『図書館と知識の組織化』(Libraries and the Organization of Knowledge1965),『ライブラリアンシップの教育基盤』(Foundations of Education for Librarianship1972)など.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェラの関連キーワードモロッコモロッコ革アウグストゥス神殿ビラ・アドリアーナマルチェッロ劇場ローマの七丘アトメイダヌモハメッド5世陵墓ローマ時代の水道橋ラバト・サレ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シェラの関連情報