コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェラ Chellah

デジタル大辞泉の解説

シェラ(Chellah)

モロッコの首都ラバトにある古代ローマ時代の遺跡。当時はサラという植民都市があった。その後、長らく廃墟のままだったが、14世紀、マリーン朝時代に墓地として利用された。古代ローマの凱旋門(がいせんもん)や広場の遺構、マリーン朝のアブー=アルハサン=アリーの墓などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

シェラ

1903-1982.米国オハイオ州生まれ.1950年代から1960年代の米国を代表する図書館研究者,図書館学教育者の一人.エール大学で英文学を学んだ後,大学図書館や専門図書館の勤務を経て,シカゴ大学図書館学大学院博士課程に入学し,バトラー,ウィルソン(Louis Round Wilson 1876-1979)らの薫陶を受けながら,米国公共図書館史の博士論文『パブリック・ライブラリーの成立』(Foundations of the Public Library1944)をまとめる.第二次大戦後は,シカゴ大学を経て,1952年に新設のウェスタンリザーブ大学図書館学部の学部長に就任,ドキュメンテーション概念の確立と普及,分類目録の研究,ライブラリアンシップ基礎論の検討,図書館学教育といった広い分野で活動した.主著は,上記のほか,『図書館と知識の組織化』(Libraries and the Organization of Knowledge1965),『ライブラリアンシップの教育基盤』(Foundations of Education for Librarianship1972)など.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

シェラの関連キーワードケレタロのシエラシェーラー(Paul Scherrer)シェラー(Paul Scherrer)シェーラー(Max Scheler)オスロ・フィルハーモニー管弦楽団スターウッド・ホテル&リゾートブルーノ ヤセンスキーウボンラーチャターニーゲーリー スナイダーアイスランド交響楽団ローレンツの偏光因子ラックカイガラムシラウル ウォルシュピーター フォークカスケードループシェラックワニスエーレスンド海峡マグレモーゼ文化コペンハーゲンITT[会社]

シェラの関連情報