コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェルスキー シェルスキーSchelsky, Helmut

2件 の用語解説(シェルスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェルスキー
シェルスキー
Schelsky, Helmut

[生]1912.10.14. カールマルクスシュタット
[没]1984.
ドイツ社会哲学者。 1948年ハンブルク大学社会学教授。ドイツの体系的立場,アメリカプラグマティズムから出発したが,のち社会哲学に転じ,第2次世界大戦後のドイツ社会を,工業化,家族,若者などの観点から社会哲学的に考察している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェルスキー
しぇるすきー
Helmut Schelsky
(1912―1984)

ドイツの社会学者。ケーニヒスベルク大学(現、イマヌエル・カント・バルト連邦大学)、ライプツィヒ大学で哲学、社会学、歴史学などを学び、ケーニヒスベルクストラスブールミュンスター各大学の教授を歴任した。当初、哲学に関心を寄せていたが、第二次世界大戦後は社会学の分野に移行し、家族、青年問題、性、経営社会学など幅広い分野で業績をあげた。とくに『現代ドイツ家族の変化』(1953)は、実証的方法による戦後ドイツ家族の位置づけ、家族関係の変化、家族内の婦人の地位など、戦中戦後の社会変動のなかでの問題を分析して、高い評価を得た。また青年問題では『懐疑的世代』(1957)を著し、役割理論に依拠しつつ、イデオロギーへの懐疑に揺れ動く青年像をとらえるなどの業績を残している。社会学は「持続的な現在分析」を課題としているという立場から、現代社会のさまざまな領域において発言し、ジャーナリズムの世界においても大いに活躍した。[鈴木幸寿]
『シェルスキー著、田中昭徳・阿部謹也訳『大学の孤独と自由』(1970・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シェルスキーの関連キーワード光の科学史バーブ明治天皇大正バルカン戦争数奇伝金栗四三タイタニック号南極ケズウィック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone