コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェールオイル しぇーるおいるShale Oil

翻訳|Shale Oil

知恵蔵miniの解説

シェールオイル

地下深くの泥岩(けつ岩=シェール)の層に含まれている石油の一種。頁岩油、シェール油、ライトタイトオイルとも言う。採掘技術が確立された2000年代初頭より米国やカナダで盛んに生産されるようになった。同じく岩盤層に含まれるシェールガスと共に採掘可能量が急増すると見られている。日本でも石資源開発株式会社(JAPEX)が14年4月より、国内初となるシェールオイルの商業生産を、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田で開始している。その生産量は日本で採れる原油の1~2%ほどの、1日当たり35キロリットル。

(2014-4-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シェールオイル

地下にある「頁岩(けつがん)(シェール)」と呼ばれる泥岩の層に含まれている石油。これまでは採掘するのが難しかったが、強い水圧をかけて岩盤層に亀裂を入れて取り出す方法が開発され、生産しやすくなった。原油価格の高騰で採掘コストも見合うようになり、米国やカナダで盛んに生産されるようになっている。岩盤層に含まれる「シェールガス」とともに、採掘可能な量が急増することから「シェールガス革命」と呼ばれる。

(2012-07-06 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

シェール‐オイル(shale oil)

地中の頁岩(シェール)層に含まれる石油。
[補説]固い岩石の中に存在するため採取が困難だったが、採掘技術が確立し商業生産が行われるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェールオイル

タイトオイル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェールオイル
しぇーるおいる
shale oil

オイルシェール(油母頁岩(ゆぼけつがん))に含まれている石油類似の有機物(ケロジェン、油母ともいう)のことで、頁岩油ともいう。通常、シェールオイルはオイルシェールを500~800℃で乾留することにより得られる。得られた油は流動点や粘度が高く、しかも窒素分が多いため、合成石油として利用する場合は水素化分解などの処理を施す必要がある。シェールオイルから得られる合成石油は、乾留やその後の処理条件にもよるが、一般にナフサ留分が少なく、灯油、軽油製造に適した200~400℃の留分が多い。
 1973年の第一次オイル・ショック以後、シェールオイルからの合成石油製造が脚光を浴びるようになったが、環境、技術、経済的問題が多く、大規模な製造は行われていない。旧満州(中国東北部)の撫順(ぶじゅん/フーシュン)で日本がオイルシェール乾留炉を設計建設、1929年からシェールオイルの生産を開始し、撫順では、1990年代前半に施設の老朽化などによる中断はあったものの、現在もシェールオイルを生産している。[難波征太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシェールオイルの言及

【オイルシェール】より

…油母ケツ岩,油ケツ岩ともいい,粘土質の層状岩で,乾留によって天然の石油と同じ性質の油分(ケツ岩油,シェールオイルshale oil)を約40l/t以上留出するようなケツ岩をさす。オイルシェールは,石油根源岩と同類のものであるが,石油を生成するほどの熱を受けておらず,通常の石油根源岩より有機物の含有量が多い。…

※「シェールオイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シェールオイルの関連キーワードノースダコタ州とシェールオイルイラクの原油生産水圧破砕法人造石油酸処理地中

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シェールオイルの関連情報