コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクンシ(使君子) シクンシQuisqualis indica var. villosa

2件 の用語解説(シクンシ(使君子)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクンシ(使君子)
シクンシ
Quisqualis indica var. villosa

シクンシ科の常緑つる性の低木。東南アジア原産で,江戸時代に日本へ伝えられ,暖地や温室で栽培されたことがある。夏に茎の先端に,初め白色でのちに紅色から褐色に変色する合弁の花を下向きにつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シクンシ【シクンシ(使君子) Rangoon‐creeper】

アフリカ,東南アジアからニューギニアの熱帯に広くみられるシクンシ科の大きな常緑の木性つる植物で,花が美しく,果実がカイチュウの駆虫剤,整腸剤として用いられるため古くから各地で植えられ,真の自生地がはっきりしなくなっている。石垣島西表島でも植えられたり,またそれが一部野生化している。幹の下部は直立し,上方はつる状になる。葉は対生または部分的に互生し,葉柄1~2cm,葉身は紙質でうすく,長さ7~14cmの楕円形で,全縁。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone