コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シク戦争 シクせんそうAnglo-Sikh Wars

6件 の用語解説(シク戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シク戦争
シクせんそう
Anglo-Sikh Wars

19世紀中頃,インドシク教徒 (→シク教 ) とイギリスとの間に起った2回にわたる戦争。ランジート・シング (1780~1839) により統一されていたシク王国は,洋式化された軍隊を背景にイギリスのシンド併合のあともイギリス軍の領内通過を拒否し,当時のインドで唯一の独立国の地位を保っていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シク‐せんそう〔‐センサウ〕【シク戦争】

Sikh Wars》1845~1846年と、1848~1849年の2回にわたる、インドのパンジャブ地方のシク教徒と英国軍との戦争。英国はこの戦争に勝ち全インドの支配を完成。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シク戦争【シクせんそう】

インド北西部に勢力をもっていたシク教徒とインド植民地の英国軍の間で,1845年―1846年,1848年―1849年の2回にわたって起こった戦争。この戦争によって英国は北西部インドを併合し,全インドの征服を完成した。
→関連項目インド帝国パンジャーブラホール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シクせんそう【シク戦争】

19世紀半ばに2度にわたってイギリス東インド会社軍とインドのシク教徒軍団の間で戦われた戦争。インド北西部に統一的かつ軍事力を装備した一大シク王国を築いたランジート・シングの死(1839)の後,王国内に激しい後継者争いが生じたが,18世紀末に南インドを,1818年にはマラータ王国を吸収したイギリスが43年にシンド地方を併合したことがシク教徒たちに脅威を与え,ここに第1次シク戦争(1845‐46)が勃発する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シクせんそう【シク戦争】

パンジャブ地方を支配していたシク教徒とイギリス植民地軍との間の二度にわたる戦争((1845~1846)・1848~1849)。シク側の敗北の結果、イギリスの全インド支配が完成した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シク戦争
しくせんそう

イギリス東インド会社軍とシクSikh王国との間で2次(1845~46、1848~49)にわたって戦われた戦争。これに勝利したイギリスはインド植民地化の過程を完了した。シク教徒の勢力は、インド北西部のパンジャーブ地方を中心として、ムガル帝国と激しい抗争を繰り返しながら強大になっていった。19世紀の初め、ランジート・シングRanjt Singh(1780―1839)が出て、シク諸勢力を統合し、強大なシク王国を形成した。しかし彼の死後、シク王国は分裂的様相を示し始めた。フランスをプラッシーの戦い(1757)で破って以降、インド全域にわたって征服を推し進めてきたイギリスは、この機に乗じて二度の戦争をしかけて、シク王国を最終的に滅ぼした。これによって、インドにはイギリスに敵対する勢力がなくなり、イギリスによるインド植民地化の大枠が完成した。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone