コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシガシラ Struthiopteris niponica (Kunze) Nakai

2件 の用語解説(シシガシラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シシガシラ【Struthiopteris niponica (Kunze) Nakai】

低山地の林下に普通に生じる日本特産のシダ植物シシガシラ科多年草イラスト)。葉が四方八方に広がって出る状態を,獅子(しし)のたてがみにたとえて和名がついた。常緑性。根茎は塊状で,太くて斜上する。葉は束生し,2形をなし,葉柄基部には線形で細くとがった褐色の鱗片が密につく。栄養葉は柄が短く,倒披針形,先は尾状にとがり,単羽状,羽片は線形全縁,鈍頭または鋭頭,基部は広くなって中軸につく。葉脈は遊離する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シシガシラ
ししがしら / 獅子頭
[学]Struthiopteris niponica Nakai

シシガシラ科の常緑性シダ。日本特産種。斜上する太い根茎から、1回羽状に分裂する栄養葉と胞子葉の2型葉を束生する。栄養葉は広披針(こうひしん)形。羽片は密生し、中脈は表面ではくぼんでいる。基部は、前側がやや広がって中軸につく。胞子葉は葉柄が長く、羽片は線形でまばらにつく。基部前側の広がりは栄養葉に比べて著しい。胞子嚢(のう)群は、胞子葉の中脈の溝につく。各地に広く分布し、低山の林下に生育する。オサシダS. amabilisも日本特産で、やや小形の披針形の葉が、匍匐(ほふく)する根茎からまばらに出る。羽片の中脈は表面からは見えない。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シシガシラの関連キーワード筬羊歯鉄蕨地潜輪違草稲森草亀甲羽熊熊蕨栗葉蘭米茅峠芝

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シシガシラの関連情報