シタグリプチンリン酸塩水和物・イプラグリフロジンL-プロリン配合剤(読み)シタグリプチンリンサンエンスイワブツイプラグリフロジンエルプロリンハイゴウザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

シタグリプチンリン酸塩水和物・イプラグリフロジンL-プロリン配合剤

製品名
スージャヌ(アステラス製薬、MSD、寿製薬)

 2 型糖尿病の治療薬で、DPP-4阻害剤のシタグリプチンリン酸塩水和物によるインスリン分泌促進作用と、SGLT2阻害剤のイプラグリフロジンL-プロリン製剤による尿糖排泄促進作用という2つの異なる作用機序をもつ配合剤です。ただし、糖尿病治療の第一選択薬ではなく、併用による治療が適切と判断される場合に限って用いられます。


①もっとも注意しなければならないのは低血糖(脱力感、冷や汗、ふるえ、空腹感、めまい、動悸どうきなど)です。このような症状があるときは、必ず医師の診察を受けてください。


 そのほか、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、剥脱性皮膚炎、肝機能障害、黄疸、急性腎障害、急性膵炎、間質性肺炎、腸閉塞、横紋筋融解症、血小板減少、類天疱瘡るいてんぽうそう、腎盂腎炎、脱水、ケトアシドーシスがおこることがあります。このような症状が現れたら、使用を中止してただちに医師に相談してください。


②口の渇き、便秘、頻尿などが現れることがあります。このような症状が現れたら、医師に相談してください。


①錠剤で、1日1回1錠を朝食前または朝食後に服用します。指示された服用方法を必ず守ってください。


②重症ケトーシス、糖尿病性昏睡こんすいまたは前昏睡、1型糖尿病の人、重症感染症、手術前後、重い外傷のある人、この薬の成分に過敏症の既往歴がある人は使用できません。また中等度の腎機能障害のある人、重い肝機能障害がある人、心不全のある人、他の糖尿病治療剤(とくにスルホニル尿素系血糖降下剤またはインスリン製剤)を使用中の人、脳下垂体機能不全または副腎機能不全、栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足または衰弱状態、激しい運動をする人、大量飲酒者、脱水をおこしやすい人、尿路感染、性器感染のある人、腹部手術または腸閉塞の既往歴のある人は、医師に相談してから用いてください。


③指示された食事療法や運動療法はきちんと続けてください。


④低血糖をおこすことがあるので、自動車運転や高所作業にたずさわる人は医師に相談してください。


⑤この薬を服用中に他の薬を使用する必要が生じた場合は、必ず医師に相談してください。


サリチル酸系解熱鎮痛剤βブロッカー製剤、糖尿病治療剤、モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤と併用すると、血糖降下作用を増強することがあります。副腎皮質ホルモン剤甲状腺ホルモン剤などと併用すると血糖降下作用が減弱することがあります。また、利尿剤との併用で利尿作用などの副作用がつよく現れることがあります。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android