コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シタバガ シタバガ Catocala

3件 の用語解説(シタバガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シタバガ
シタバガ
Catocala

鱗翅目ヤガ科シタバガ亜科シタバガ属に属する昆虫の総称。中~大型のガで,体は太く翅は広い。前翅は樹皮状の斑紋のため目立たないが,後翅には白,紅,黄または青白色の斑紋があり,飛ぶと目につく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シタバガ

鱗翅(りんし)目ヤガ科のうちシタバガ類の総称。後翅が赤,黄,白,紫などの美しい色彩をしているので下羽の名がある。中型のガで,北半球の温帯に多くの種類があり,日本にはムラサキシタバベニシタバなど30種ほどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シタバガ
したばが / 下翅蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科のうちの分類学上の一群をさす総称。狭義にはシタバガ属Catocalaのことをいい、広義にはシタバガ亜科Catocalinaeをいう。シタバガ属は、属名のままカトカラと通称され、世界に約200種、日本には29種が分布する。これらのガは、前翅は樹皮状の暗い隠蔽(いんぺい)色で、樹幹によく静止しているが、飛び立つときに、黄色や赤色、まれには白色の後翅を現す。日本の種はキシタバ、ベニシタバ、シロシタバのようによばれ、大形で、多彩な斑紋(はんもん)があるなど収集家に喜ばれる。温帯のガで、幼虫は種ごとに特定の広葉樹や低木類につき、ブナ科やバラ科植物を食草とするものが多い。すべて年一化性で、卵で越冬する。
 シタバガ亜科は、シタバガ属を含め、さらに近縁の属をも包括する一群として定義され、世界に多数の種を分布し、むしろ亜熱帯や熱帯地方によく適応する。ヤガ科のなかでは大形で、美しい斑紋を示すものはこの亜科に多く、日本には約80種が記録されている。琉球(りゅうきゅう)諸島には本土に産しない特産種もあり、季節風や台風にのってまれに日本に侵入する南方系の種も知られている。ヨコヅナトモエはその一例で、はねの開張約110ミリメートルで、前翅に大きな渦巻状の紋を備え、遠く岩手県まで北上した記録もある。九州南部から沖縄本島北部までの島々に産するベニモンコノハは、はねの開張約120ミリメートル、黒色の後翅に大きな赤色紋を有し、日本最大のヤガとして知られる。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシタバガの言及

【ベニシタバ(紅下翅)】より

…いずれも卵で越冬し,新緑のころ食草の葉を食べて育ち,夏に成虫が現れる。なお,シタバガ亜科Catocalinaeのうち,シタバガと呼ばれる一群は日本に29種を産し,後翅すなわち下ばねの色彩に従って,ベニシタバ,キシタバ,シロシタバなどと名づけられる。【杉 繁郎】。…

※「シタバガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シタバガの関連キーワードタバコガ根切虫毛虫透翅蛾夜蛾タバコ蛾ヒマサンキバガ(牙蛾)トガリバガ(尖翅蛾)ベニシタバ(紅下翅)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone