コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シタビラメ

4件 の用語解説(シタビラメの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シタビラメ

ウシノシタ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

シタビラメ

 カレイウシノシタ科の海産魚.フランス料理のよい素材となる.アカシタビラメ(red tongue sole)[Cynoglossus joyneri],イヌノシタ(robust tonguefish)[C. robustus],コウライアカシタビラメ[C. abbreviatus],その他がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シタビラメ
シタビラメ

クロウシノシタ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シタビラメ
したびらめ / 舌鮃
tongue fishsoleAmerican sole

硬骨魚綱カレイ目のうち、ササウシノシタ科、ウシノシタ科およびアキルス科Achiridaeの総称。別名ウシノシタ。体が薄いので地方によりベタ、ゲタ、クツゾコともよばれる。世界の熱帯から温帯の各地に広く分布し、種類数は300に近い。カレイやヒラメ類より目が小さく、口が弱くて腹方へ曲がり、尾びれが退化的で小さく、背びれや臀(しり)びれと完全に結合するか、または著しく近接する。両眼が頭の右側にあるのがササウシノシタ科Soleidaeとアキルス科、左側にあるのがウシノシタ科Cynoglossidaeである。底生性で数百メートル以浅にすみ、熱帯では汽水域や淡水にいることもある。
 夜間、海底にすむ小エビ類、カニ類、多毛類、二枚貝類、小魚などを食べる。嗅覚(きゅうかく)がよく発達し、獲物を探すのに大きな働きをしている。ウシノシタ科の多くの魚類では、側線が体の両側または片側に2、3本あり、低周波の音をよく聞き、これで外敵や獲物の動作を感知する。また、無眼側の頭部にある発達した触毛も重要な感覚器官である。餌(えさ)をみつけると、急に頭を持ち上げて、その裏側で獲物をたたきつけて砂泥とともに食べる。体から特殊な化学物質を出して捕食者から身を守る種や、有眼側の体を他物に吸着させる習性をもつ種もいる。産卵期は7月を中心に晩春から夏にわたるものと、9月を中心としてその前後に産卵するものとがある。おもに底引網や定置網によって秋から冬に漁獲される。日本でシタビラメとして食材に利用されているのはウシノシタ科の種である。[落合 明・尼岡邦夫]

おもな種類

アキルス科の種は最大体長20センチメートルほどにしかならない小型種で、すべてアメリカ大陸両側の沿岸や淡水域にすむ。Achirus lineatus など33種ほど知られているが、食品として利用されていない。大西洋のヨーロッパ側にいるササウシノシタ科のコモンソールSolea soleaは、高級魚としてヨーロッパで好まれ、近年ホンササウシノシタの名前で日本に輸入されている。
 日本ではササウシノシタ科で19種、ウシノシタ科で20種がおり、多くは南部海域に生息する。ササウシノシタ科では、10センチメートルぐらいになるトビササウシノシタAseraggodes kobensis、ササウシノシタHeteromycteris japonica、黒褐色の縞(しま)模様をもったセトウシノシタPseudaesopia japonica、シマウシノシタZebrias zebrinusが各地で普通にみられる。サンゴ礁の砂底にはミナミウシノシタPardachirus pavoninus、テングウシノシタRhinosolea microlepidota、アマミウシノシタSynaptura marginataなどがすみ、ダイバーに撮影されることが多いが、この科の食品としての価値は低い。
 ウシノシタ科では、全長30センチメートル以上になり、量的にまとまって漁獲されるものに、アカシタビラメCynoglossus joyneri、クロウシノシタParaplagusia japonica、イヌノシタC. robustus、オオシタビラメArelia bilineataがある。いずれも本州中部・南部地方の太平洋側や東シナ海に多く美味である。[落合 明・尼岡邦夫]

食品

白身で味は淡泊である。一年中味はあまり変わらないが、とくに夏から秋にかけてがよい。用いるときは中形で肉の厚いものを選ぶ。とくに西洋料理に使われ、フランスでは珍重される。皮が堅いので、洋風に調理するときは、皮を手ではぎ取る。皮にぬめりが多くむきにくいので、ふきんでぬめりをとり、指先に塩をつけてむくとよい。フライ、ムニエルに向く。皮付きのまましょうゆと酒、またはみりんで煮つけると和風になる。煮魚を冬季ならそのまま、または冷蔵庫に入れると煮こごりができ、これを珍重する向きも多い。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシタビラメの言及

【ウシノシタ】より

…世界中の温・熱帯域の浅海底に分布するが,まれに淡水に生息する種もある。日本には,イヌノシタCynoglossus robustus,ゲンコC.interruptus,アカシタビラメC.joyneri(イラスト),クロウシノシタParaplagusia japonica,ササウシノシタHeteromycteris japonicus(イラスト)など二十数種がおり,体長はふつう20~30cmである。長楕円形の体で,体型が舌を思わせることからシタビラメ,ウマノシタ,ベロなどと各地で呼ばれる。…

※「シタビラメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シタビラメの関連キーワードウシノシタソウハチマガレイヤナギムシガレイカレイアサバガレイ牛の舌舌鮃アカシタビラメコガネカレイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シタビラメの関連情報