コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトレンジ

百科事典マイペディアの解説

シトレンジ

カラタチとオレンジの雑種。トロイヤー,ラスクなどが有名。酸が強く苦みがあり,生食には向かない。トロイヤーはワシントンネーブルカラタチの雑種である。カラタチのトリステザウイルス抵抗性を受け継いでおり,台木として用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シトレンジ【citrange】

カラタチとスイートオレンジの雑種の総称。Citrus trifoliata(カラタチの旧学名)とorangeの合成語(cit+range)である。1897年カラタチの強い耐寒性に注目し,スウィングルW.T.SwingleとウェーバーH.J.Webberがアメリカのフロリダでオレンジとの交配を始めた。その雑種群は1905年,育成者によりシトレンジと命名され,耐寒性かんきつ類として紹介された。その後,ウイルス病,センチュウなどの耐病虫性台木として注目された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シトレンジ
しとれんじ
citrange

オレンジ類とカラタチとの雑種の総称。またシトレンジとキンカンとの雑種をシトレンジカットとよぶ。いずれも柑橘(かんきつ)類の台木として用いられるもので、多数の組合せがあり、アメリカでの育種が進んでいる。ラスクシトレンジはスイートオレンジとカラタチとの雑種で、早生(わせ)や普通系の温州(うんしゅう)ミカンの台木としてよく用いられる。トロイヤーシトレンジはワシントンネーブルとカラタチとの雑種で、柑橘類ウイルスの一種であるトリステザウイルスに強い。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シトレンジの関連キーワード柑橘類