コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナガワハギ yellow sweet clover

2件 の用語解説(シナガワハギの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シナガワハギ【yellow sweet clover】

海岸,川岸,低地の道端や空地などに生えるマメ科の越年草で,最初に東京の品川で発見されて品川萩と名付けられた(イラスト)。茎は高さ20~150cm,直立してよく枝分れしており,全体ほとんど無毛。葉は3小葉をもつ複葉。小葉は狭長楕円形で先はとがらず,長さ1.5~3cmでまわりに鋸歯がある。花期は7~12月。腋生(えきせい)の総状花序に,多数の淡黄色の蝶形花をつける。花は長さ4~6mm。果実は広楕円形でややふくらみ,長さ2~2.5mm,幅約2mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナガワハギ
しながわはぎ / 品川萩
[学]Melilotus officinalis (L.) Pall. Ssp. alba (Medic.) Ohashi et Tateishi f. suaveolens (Ledeb.) Ohashi et Tateishi

マメ科の越年草。茎は直立して、よく分枝し、高さ0.2~1.5メートル。葉は3小葉からなり、小葉は狭長楕円(だえん)形、縁(へり)に鋸歯(きょし)があり、側脈は鋸歯の先端に達する。7~12月、葉腋(ようえき)に総状花序を出し、黄色の小さな蝶形花(ちょうけいか)を多数つける。豆果は広楕円形で、表面に不規則な網目状のしわがあり、種子は1個。海岸、川岸、空き地などに生え、日本、シベリア、東アジア、東南アジアに広く分布する。日本にあるものは帰化したものといわれている。名は、東京の品川に野生種があったためにつけられたものである。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シナガワハギの関連キーワード犬稗雄日芝下草雀の帷子爪草昼顔犬芥子犬の陰嚢土場芸糠黍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone