コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナノキ科 シナノキかTiliaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シナノキ科
シナノキか
Tiliaceae

双子葉植物アオイ目の1。新旧両大陸の熱帯から温帯に約 50属 450種が知られ,分化の中心は東南アジアブラジルであるといわれる。草本種を多少含むが,多くは高木または低木。葉は互生し単純葉であるが,しばしば左右非対称である。花は集散花序につき,放射相称の4~5数性,通常は花弁とも5枚あり,花弁の基部蜜腺をもつ。おしべは多数で果実は蒴果となる。シナノキTiliaは北半球温帯の代表的な落葉高木で,有用な木材を提供する。ジュート (黄麻) などの繊維植物もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナノキ科
しなのきか
[学]Tiliaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の高木、低木または草。しばしば星状毛があり、組織内に粘液細胞がある。葉は互生し、単葉で托葉(たくよう)がある。花は両性、萼片(がくへん)、花弁はともに5枚ときに4枚。雄しべは10本から多数で、5本ときに4本の束になる傾向があり、5本の鱗片(りんぺん)状の仮雄蕊(かゆうずい)があるものもある。果実は(さくか)、核果または堅果。熱帯から温帯に分布し、50属約450種が知られる。日本にはシナノキ属、カラスノゴマ属など4属11種が野生または帰化し、繊維のジュートjuteの原料となる植物であるツナソや、寺院などに植えられるボダイジュなどがある。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シナノキ科の関連キーワードカラスノゴマ(烏の胡麻)ボダイジュ(菩提樹)科の木・榀の木リンデンバウム篦の木・箆の木カラスノゴマ大葉菩提樹モロヘイヤ西洋科樹烏の胡麻夏菩提樹冬菩提樹ヘラノキ菩提樹羅氈草科の木鉄引緒ツナソ篦の木黄麻紙

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android