コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シネマコンプレックス しねまこんぷれっくすcinema complex

4件 の用語解説(シネマコンプレックスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

シネマコンプレックス

シネコン」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シネマコンプレックス

日本映画製作者連盟によると国内の映画産業は1950、60年代が黄金期。全国のスクリーンは一時7千を超えたが、テレビの普及やレジャーの多様化で減り続け、93年には1734スクリーンにまで落ち込んだ。回復の原動力が、90年代以降、全国各地に広がったシネコンだ。スクリーン数は94年に上昇に転じ、昨年末で2926。71年以来、34年ぶりに2900台を回復し、4月末に3千を突破した。

(2006-05-09 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シネマ‐コンプレックス(cinema complex)

複合映画館。一つの建物に映画館が複数併設されているもので、客の嗜好(しこう)にきめ細かく対応できるなどの利点がある。欧米に多くみられたが、日本にも平成5年(1993)に導入されて以降、数が増えている。シネコン。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シネマコンプレックスの関連情報