コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノメニン sinomenine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノメニン
sinomenine

クコリン,コクリンなどともいう。 C19H23NO4 。ツヅラフジ科のオオツヅラフジ Sinomenium acutumの根に含まれるアルカロイド。融点 161℃ (融解してから再び 182℃で溶ける) 。エチルアルコール,アセトンなどに可溶。水,エーテルには難溶。鎮痛剤として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のシノメニンの言及

【オオツヅラフジ】より

…本州(関東以西),四国,九州に分布し,台湾,中国にまで及ぶ。根茎,茎はアルカロイドのシノメニンsinomenineを含み,漢方で防已(ぼうい)と称され,消炎,鎮痛,利尿に効く薬として利用されている。また乾いたつるは,あみもの細工の材料になっている。…

※「シノメニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シノメニンの関連キーワードオオツヅラフジツヅラフジ科恩賜賞受賞者後藤 格次後藤格次落合英二

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android