コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマアオジ シマアオジEmberiza aureola; yellow-breasted bunting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマアオジ
Emberiza aureola; yellow-breasted bunting

スズメ目ホオジロ科。全長約 14cm。雌雄異色。繁殖期の雄は背面が赤栗色で,頭上以下の眼先,顔,腮(さい。あご),喉は黒い。胸から腹は濃い黄色で,胸に栗色の横帯がある。雌は頭央,眉斑が淡黄色,背面が淡褐色黒褐色の縦縞模様があり,腹面の黄色が薄く,脇に縦縞模様がある。雄の冬羽(→羽衣)は顔の黒色部がなく,雌に似ている。フィンランドから極北部を除くロシアを経てカムチャツカ半島サハリン島中国北東部に及ぶユーラシア大陸の冷帯で繁殖する。繁殖を終えて渡る越冬地はインド北部,バングラデシュから中国南端部,インドシナ半島で,繁殖地に比べて範囲が狭い。草原や灌木草原,農耕地などに生息する。日本にも夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,北海道の草原のほか,少数が本州北部でも繁殖している。繁殖期にはよい声でさえずる(→さえずり)。近年,北海道では原野の減少に伴って生息数が減っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマアオジ
しまあおじ / 島青鵐
yellow-breasted bunting
[学]Emberiza aureola

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種で、全長約13.5センチメートル。日本では夏季に北海道の低木叢林(そうりん)や草原で普通に繁殖するが、渡来のおもな経路は大陸沿岸沿いである。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シマアオジの関連キーワードクロチョウガイクロチョウガイ巡潜型潜水艦潜水空母アサガラ(麻殻)オナガコトクラゲコノハズクサクラダイセパ・タクロー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シマアオジの関連情報