コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマイサキ シマイサキ Rhynchopelatex oxyrhynchus

4件 の用語解説(シマイサキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマイサキ
シマイサキ
Rhynchopelatex oxyrhynchus

スズキ目シマイサキ科の海水魚。全長約 30cm。体は側扁し,やや長い。吻は長く,先端がとがる。体は灰緑色で,体側に褐色の 4本の縦縞がある。を使用して発音する。沿岸浅所や内湾,河口域にすむが,幼魚は内湾や河口域に多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シマイサキ

シマイサキ科の魚。シマイサギとも。地方名スミヤキ,スミヒキ,トウトウなど。全長30cmに達する。体は青灰色で腹方は淡く,体側には4条の太い黒色縦帯と3条の細い縦線が走る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

シマイサキ

 [Rhyncopelates oxyrhynchus].スズキ目シマイサキ科の海産魚.体長20cmになる.食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマイサキ
しまいさき / 縞伊佐幾
[学]Terapon oxyrhynchus

硬骨魚綱スズキ目シマイサキ科に属する海水魚。関東および北陸地方以南の南日本に多いが、南西諸島にはいない。和歌山シャミセン、関西でスミヤキ、鹿児島でイノコという。体は細長く、わずかに側扁(そくへん)し、吻(ふん)はやや突出する。両顎(りょうがく)に犬歯はなく、絨毛(じゅうもう)状歯帯がある。前鰓蓋(さいがい)骨に1棘(きょく)、主鰓蓋骨に2棘がある。全長25センチメートル。体は灰緑色で、体側に4条の太い灰褐色の線と3条の細い線が交互に縦走する。この模様が猪仔(いのこ)の由来である。15センチメートルくらいまでの幼魚は好んで内湾で生活し、堀割、汽水域にも入り、川を遡上(そじょう)するものもある。成魚は河口域や内湾にもいるが外海にも出る。うきぶくろは前部と後部の2部にくびれており、これを共鳴器として発音するが、これがシャミセンの名のおこりである。産卵期は6~8月。定置網、投網、釣りなどで漁獲される。大衆魚で、塩焼き、煮つけ、フライなど家庭料理にされる。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シマイサキの関連キーワード赤羽太赤鯥琴引胡麻鯖縞伊佐木葉血引伊佐木真梶木シマイサキ(縞伊佐木)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone