コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマドジョウ Cobitis biwae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマドジョウ
Cobitis biwae

コイ目ドジョウ科の淡水魚。全長約 10cm。体は細長く,側扁する。体の地色は淡黄褐色で,体側暗褐色斑点が縦に並ぶ。口は下方を向き,周辺に6本のひげをもち,眼の下に1本の小棘がある。清水の湧く湖沼河川の砂底にすむ。青森県以南に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シマドジョウ

ドジョウ科の魚。地方名スナムグリ,スナドジョウ,カワドジョウなど。全長5〜12cm。雄はやや小型。体の基色は灰緑色で,腹面は白色または淡黄色。体側中央線上に暗褐色の斑紋が並び,その背方には不規則な小黒斑が散在する。本州,四国,九州東部に分布。ドジョウと違って水の澄んだ川や浅い湖の砂または砂礫(されき)底にすむ。普通,食用にせず,観賞用として北米などへ輸出。近縁種のアジメドジョウは飛騨地方で美味なものとして賞味され,その分布は本州中部のいくつかの川の上・中流に限られている。全長7〜10cm。アジメドジョウは絶滅危惧II類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマドジョウ
しまどじょう / 縞泥鰌
spined loach
[学]Cobitis biwae

硬骨魚綱コイ目ドジョウ科に属する淡水魚。北海道と九州西部を除く日本全国に分布する。体は淡褐色で、体側中央線上に10個前後の暗褐色斑(はん)が並ぶ。雄の胸びれの骨質盤は細長くとがる。染色体数が48と96の種族が知られている。主として底生動物を餌(えさ)とし、湖や河川中・上流の砂底もしくは砂礫(されき)底にすむ。[澤田幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シマドジョウの関連キーワードバイオテクノロジー泥鰌・鰌塩生植物泥鰌

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シマドジョウの関連情報