コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマドジョウ シマドジョウ Cobitis biwae

3件 の用語解説(シマドジョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマドジョウ
シマドジョウ
Cobitis biwae

コイ目ドジョウ科の淡水魚。全長約 10cm。体は細長く,側扁する。体の地色は淡黄褐色で,体側に暗褐色の斑点が縦に並ぶ。口は下方を向き,周辺に6本のひげをもち,眼の下に1本の小棘がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シマドジョウ

ドジョウ科の魚。地方名スナムグリ,スナドジョウ,カワドジョウなど。全長5〜12cm。雄はやや小型。体の基色は灰緑色で,腹面は白色または淡黄色。体側中央線上に暗褐色の斑紋が並び,その背方には不規則な小黒斑が散在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマドジョウ
しまどじょう / 縞泥鰌
spined loach
[学]Cobitis biwae

硬骨魚綱コイ目ドジョウ科に属する淡水魚。北海道と九州西部を除く日本全国に分布する。体は淡褐色で、体側中央線上に10個前後の暗褐色斑(はん)が並ぶ。雄の胸びれの骨質盤は細長くとがる。染色体数が48と96の種族が知られている。主として底生動物を餌(えさ)とし、湖や河川中・上流の砂底もしくは砂礫(されき)底にすむ。[澤田幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シマドジョウの関連キーワードシマイサキ押すな押すな縞泥鰌台湾泥鰌花潜アスナムエルアスナムシマドジョウ(縞鰌)ドジョウ(鰌∥泥鰌)ハナムグリ(花潜)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シマドジョウの関連情報