コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シメオン[柱頭行者] シメオン[ちゅうとうぎょうじゃ]Simeon Stylites

1件 の用語解説(シメオン[柱頭行者]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シメオン[柱頭行者]
シメオン[ちゅうとうぎょうじゃ]
Simeon Stylites

[生]350頃.キリキア
[没]459
修道院生活ののち,アンチオキア近郊で孤独な隠者となり,苦行を求めて柱頭に起居する生活を始め,最初の柱頭行者となる。人々の尊崇を集め,三十余年の間,同時代に大きな影響を与えた。アンチオキア西郊モンス・アドミラビスでの柱頭行者シメオンは6世紀 (520~596) の人で別人。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シメオン[柱頭行者]の関連キーワードマル優制度私立小中の授業料補助手形訴訟電子工業日本町弥勒第3のビール100歳以上人口国内空路の利用客佐久長聖高校

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone