コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモバシラ

2件 の用語解説(シモバシラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シモバシラ

関東地方〜九州の山地にはえる日本特産のシソ科の多年草。高さ60cm内外。葉は対生し,披針形で下面には腺点がある。秋,上部の葉腋に細長い花穂を出し,白色で長さ7mmほどの唇形(しんけい)花を多数一方に向けて開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シモバシラ
しもばしら / 霜柱
[学]Keiskea japonica Miq.

シソ科の多年草。茎は四角形で堅く、高さ40~70センチメートル。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ8~20センチメートル、縁(へり)に切れ込みの浅い鋸歯(きょし)があり、両端はとがって基部には短い葉柄がある。9~10月、葉腋(ようえき)から扁側(へんそく)生の花穂を出し、長さ約0.7センチメートルの白色花を開く。花冠は二唇形で、上唇は2裂し、下唇は3裂する。雄しべは4本、長く花の外に突き出し、下側の2本がすこし長い。山地の木陰に生え、関東地方以西の本州から九州に分布する。名は、冬に枯れた茎の基部に霜柱のような氷結がつくことによる。ユキヨセソウ(雪寄草)ともいう。シモバシラ属は、中国にもう1種あるだけの東アジアの特産である。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シモバシラの関連キーワード関東山地関東地方関東平野筬羊歯黄花空木日本氈鹿ナメコ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シモバシラの関連情報