コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャイト シャイト Scheidt, Samuel

4件 の用語解説(シャイトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイト
シャイト
Scheidt, Samuel

[生]1587.11.4. ハレ
[没]1654.3.24. ハレ
ドイツオルガニスト,作曲家。アムステルダムで J.スウェーリンクに師事し,1609年ハレのモーリッツ教会のオルガニストに就任。 19年以降同地の宮廷楽長。 24年,3巻のオルガン曲集『タブラトゥーラ・ノーバ』を著わし,ドイツのオルガン音楽,特にコラール編曲の技法の発展に大きな影響を及ぼした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャイト

ドイツの作曲家,オルガン奏者。生地ハレで音楽を学んだのち,1608年アムステルダムでスウェーリンクの教えを受ける。翌1609年−1630年ハレで宮廷オルガン奏者,宮廷楽長,音楽監督を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャイト【Samuel Scheidt】

1587‐1654
ドイツの作曲家,オルガン奏者。1609‐30年ハレで宮廷オルガン奏者,宮廷楽長,音楽監督を歴任,その後は作曲活動に専念した。彼の作品は700曲以上,器楽・声楽約半々に及んでいる。オルガン曲集《新譜表Taburatura nova》(1624)第3巻では,ドイツで用いられた鍵盤楽器用の文字記譜法をイタリア式の5線式記譜法に改めて初採用し,ドイツ・オルガン音楽の発展に貢献。声楽曲は大部分教会コンチェルトで,伝統的対位法と新しいイタリアのコンチェルタート様式の融合により教会カンタータへの道を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャイト
しゃいと
Samuel Scheidt
(1587―1654)

17世紀ドイツで活躍した作曲家、オルガン奏者。シュッツ、シャインとともに17世紀ドイツの「三大S」の一人。1603~08年、生地ハレのモーリッツ教会オルガン奏者を務めたのち、アムステルダムに留学しスウェーリンクに師事、翌09年ハレのモーリッツ城のブランデンブルク辺境伯クリスティアン・ウィルヘルムの宮廷オルガン奏者に就任、20年には同宮廷の楽長となっている。24年に出版した3巻からなるオルガン曲集『タブラトゥーラ・ノバ(新譜表)』は重要な業績である。シャイトはこの曲集で、ドイツ伝統の文字譜にかわり、イタリア式の五線譜を採用している。28~30年にはハレ市音楽監督を務め、54年3月24日、同地で世を去った。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャイトの関連キーワードギボンズシュポーアスウェーリンクダカンフローベルガーラインベルガービドール大中寅二ピクシスディストラー

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャイトの関連情報