コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャドー・キャビネット シャドー・キャビネット shadow cabinet

翻訳|shadow cabinet

3件 の用語解説(シャドー・キャビネットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャドー・キャビネット
シャドー・キャビネット
shadow cabinet

影の内閣と訳されている。イギリスにおいて行われている政治慣行であって,野党は政権を握った場合を想定して内閣を組織し,主務大臣それぞれの専管事項について政府に対する質疑や討論を担当する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャドー・キャビネット

影の内閣〉と訳される。英国において野党の政治批判を責任あらしめ,即時政権継承を可能とするために,野党第一党があらかじめ決定しておく閣僚候補グループをいう。
→関連項目新進党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャドー・キャビネット
しゃどーきゃびねっと
shadow cabinet

政権を担当する力量のある二大政党制の発達しているイギリスで、野党内に設けられた党幹部による会議体の俗称。影の内閣と訳されている。野党では、首相(党首)以下、政府各省の構成に倣って所轄事項を担当する影の各閣僚を決め、内閣と同様に定期的に会議を開き、党独自の政策、議会対策などを協議決定する。政府批判、政権獲得の準備など、野党の政治機能を果たすうえでその基幹となるものである。政府与党もシャドーキャビネットに対しては必要な情報を提供する慣習がある。この制度は1876年に始まり、1907年保守党のA・チェンバレンが初めてシャドー・キャビネットということばを使ったといわれる。日本でもイギリスに倣って野党第一党が、シャドー・キャビネットを組織したことがある。「社会党シャドーキャビネット」(日本社会党、1991年)、「明日の内閣」(新進党、1994年)、「次の内閣」(民主党1999年)、「シャドーキャビネット(影の内閣)」(自由民主党2010年)などである。[小松 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャドー・キャビネットの関連キーワード影の内閣フュシスイギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲アメニティ《イギリスにおける労働者階級の衛生状態》《イギリスにおける労働者階級の状態》イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャドー・キャビネットの関連情報