シャフティ(英語表記)Shakhtï/Шахты

百科事典マイペディアの解説

シャフティ

ロシア南部,ロストフ北東64kmの都市。1920年までアレクサンドロフスク・グルシェフスキーと称された。ドネツ炭田の一中心。炭鉱のほか,製靴,織物,家具などの工業が行われる。1928年〈ブルジョア専門家〉がサボタージュを謀ったとしてソビエト政権に摘発された〈シャフティ事件〉が起きたが,無実の罪で裁きを受けた例も多く,現在ではソビエト政権による捏造事件と目されている。24万5467人(2009)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャフティ【Shakhty】

ロシア連邦南西部,ロストフ州の都市。ドネツ炭田東部の一中心地。人口22万8000(1993)。1920年までアレクサンドロフスク・グルシェフスキーAleksandrovsk‐Grushevskiiと呼ばれた。炭鉱のほか鉱山機械工場,繊維工場,食品工場などがある。1928年にこの地で起きたシャフティ事件は,〈ブルジョア専門家〉が怠業を謀ったとされる事件で,〈ブルジョア専門家〉に対するソビエト政権の政策転換の契機となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャフティ
しゃふてぃ
Шахты Shaht

ロシア連邦南西部、ロストフ州の鉱工業都市。人口21万9400(2003推計)。1920年までの旧称アレクサンドロフスク・グルシェフスキーАлександровск‐Грушевский/Aleksandrovsk-Grushevskiy。ドネツ丘陵南東麓(ろく)のステップ(短草草原)に位置し、ロストフ・ナ・ドヌーへ鉄道が通ずる。ドネツ炭田に属する炭鉱、選鉱場、石炭採掘技術研究所、鉱山学校がある。縫製、衣服、陶磁器、乳製品などの工場も集まっている。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android