コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルロット シャルロットCharlotte

翻訳|Charlotte

4件 の用語解説(シャルロットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルロット
シャルロット
Charlotte

[生]1896.1.23. ベルク
[没]1985.7.9. フィッシュバッハ城
ルクセンブルク女大公(在位 1919~64)。ルクセンブルク大公ウィレム4世の二女。1919年1月,姉マリー=アデレイドが第1次世界大戦中に親ドイツ的だったことを批判され女大公を退位したため,後継者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シャルロット(〈フランス〉charlotte)

底部が少しすぼまった円柱形の型(シャルロット)を用いて固めた菓子。同じ型を用いて焼いた料理や、ケーキの周りにビスケットを貼(は)り付けたものもいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

シャルロット【charlotte(フランス)】

洋菓子の一種。外側をスポンジビスキュイ・ア・ラ・キュイエール、パンの白い部分などで筒状に作り、中にクリーム・果物・ババロアなどを詰めたもの。◇婦人帽のシャルロットに形状が似ているからとも、イギリス国王ジョージ3世妃シャーロットに由来するともいわれる。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

シャルロット
Charlotte(Grand Duchess)


1896.1.23 - 1985.7.9
ルクセンブルク国籍。
王族。
別名ルクセンブルク大公女。
父はギョーム4世で、1919年姉の後を継ぎ、国民投票で承認され、大公女に即位する。フェリックス皇子と結婚し、’40年ナチス・ドイツの進入でアメリカに亡命し、’45年帰国。’64年退位し、長男であるジャン皇太子に譲位する事を表明した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
20世紀西洋人名事典について | 情報

シャルロットの関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャルロットの関連情報