コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンプレーン湖 シャンプレーンこLake Champlain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンプレーン湖
シャンプレーンこ
Lake Champlain

アメリカ合衆国,ニューヨーク,バーモント両州の北境からカナダ,ケベック州南部にまたがる湖。面積 1127km2。南北 172km。最大幅 21km,水深 30~100m。湖の名は,1609年に発見したフランスの探検家 S.deシャンプランにちなむ。フレンチ・アンド・インディアン戦争 (1754~63) やアメリカ独立戦争 (75~83) ,アメリカ=イギリス戦争 (1812) の戦場となった。初期の入植者がフランス領カナダとイギリスの植民地を往来した重要航路で,現在もニューヨーク港~ハドソン川~シャンプレーン湖~リシュリュー川セントローレンス川を結ぶ国際航路である。湖岸にはバーリントンプラッツバーグなどの港があり,石油,新聞用紙,肥料などが取引される。またサケ,マス漁が盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャンプレーン湖の関連キーワードニューヨーク州バージ運河系統ラッシュ=バゴット協定アディロンダク山地バーモント[州]クラウンポイント一八一二年戦争バーモント州マクドナーエリー運河サンジャンジョージ湖ガン条約マコームソレル軍縮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android