シャンプレーン湖(読み)シャンプレーンこ(英語表記)Lake Champlain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンプレーン湖
シャンプレーンこ
Lake Champlain

アメリカ合衆国,ニューヨーク,バーモント両州の北境からカナダ,ケベック州南部にまたがる湖。面積 1127km2。南北 172km。最大幅 21km,水深 30~100m。湖の名は,1609年に発見したフランスの探検家 S.deシャンプランにちなむ。フレンチ・アンド・インディアン戦争 (1754~63) やアメリカ独立戦争 (75~83) ,アメリカ=イギリス戦争 (1812) の戦場となった。初期の入植者がフランス領カナダとイギリスの植民地を往来した重要航路で,現在もニューヨーク港~ハドソン川~シャンプレーン湖~リシュリュー川セントローレンス川を結ぶ国際航路である。湖岸にはバーリントンプラッツバーグなどの港があり,石油,新聞用紙,肥料などが取引される。またサケ,マス漁が盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android