コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーロック・ホームズ Sherlock Holmes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーロック・ホームズ
Sherlock Holmes

イギリスの推理小説作家 A.C.ドイルの創造した探偵。超人的な推理力と直感によって多くの難問,難事件を解決,バイオリンを愛し女嫌いで,ときにコカインを用いるという奇異な性格と相まって,今日でも作中の住所,ロンドンのベーカー・ストリート 221Bにファンレターが届くという世界で最も人気のある探偵。ホームズは著者が医学生だった頃の恩師ジョーゼフ・ベル博士をモデルにしたものといわれる。ホームズの友人,助手として医師ワトソンが登場するが,彼は至極平凡な人物として名探偵の天才ぶりを引立て,その活躍を記録する役割を果し,好敵手には華麗な悪人モリアーティ教授が配されている。『緋色の研究』A Study in Scarlet (1887) に始る長編4,『シャーロック・ホームズの冒険』 (91) などに収められた短編 56に登場する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シャーロック・ホームズ

ドイル推理小説で活躍する名探偵。ドイルの恩師ジョゼフ・ベル博士がモデルといわれる。ホームズはロンドンのベーカー街221番地Bに住み,天才的推理力,犯罪科学に関する深い造詣(ぞうけい),豊富な趣味をもつ人物として描かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

シャーロック・ホームズ

2009年製作のアメリカ映画。原題《Sherlock Holmes》。名探偵シャーロック・ホームズを主人公にしたオリジナル・ストーリーの映画。監督:ガイ・リッチー、出演:ロバート・ダウニー・ジュニア、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロングほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャーロック・ホームズ
しゃーろっくほーむず
Sherlock Holmes

イギリスの作家コナン・ドイルの創作した世界的名探偵で、名探偵の代名詞的存在である。1887年に『緋色(ひいろ)の研究』で初登場。抜群の推理力の持ち主であるうえに解剖学、化学、数学、法律にも詳しいが、通俗文学の知識は範囲が限られ、天文学、政治学、哲学には精通していない。細い鉤(かぎ)鼻、鋭いまなざしをもつ顔は鷹(たか)のようで、身の丈6フィート強の痩身(そうしん)。拳闘(けんとう)、フェンシング、棒術に優れている。思索するときはバイオリンをかき鳴らし、安煙草(たばこ)と臭い化学実験のにおいをまき散らし、うつ状態になると1日中口をきかず、コカインをときにたしなむ弱みをもつ。ホームズの助手でもあり彼の活動の記述者でもあるワトソン医師Dr. Watsonは友情に厚い心温かな男で、美人に対してつねに賛美を惜しまない。
 作者ドイルは、ホームズと決別しようと、24編目の短編において大悪人モリアーティ教授ともども滝つぼに落ちて死んだことにしたが、読者の要望に抗しがたく『シャーロック・ホームズの帰還』(1905)で復活させている。ホームズの居所であるロンドンのベーカー街221B(実在しない)には、いまでもホームズあての手紙が舞い込むという。ホームズの研究家やファンはシャーロッキアンSherlockianといわれ、世界各国に多数を数える。[梶 龍雄]
『小池滋監訳『シャーロック・ホームズ全集』全21巻(1982~83・東京図書) ▽日本シャーロック・ホームズ・クラブ編『シャーロック・ホームズ雑学百科』(1983・東京図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャーロック・ホームズの関連キーワードエレメンタリー ホームズ&ワトソン in NYホームズ(シャーロック・ホームズ)シャーロック・ホームズの思い出マンリー・ウェイド ウェルマンシャーロック・ホームズの生還シャーロック・ホームズの復活シャーロック・ホームズの回想シャーロック・ホームズの帰還シャーロック・ホームズの叡智ジュヌヴィエーヴ パージュアーサー・コナン ドイルダニエル スタシャワーニコル ウィリアムソンコリン ブレイクリーM. フェルドマンチャールズ グレイバスカービル家の犬ジーン ワイルダージョエル シルバーマデライン カーン

シャーロック・ホームズの関連情報