コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャー・ルフ Shāh Rukh

世界大百科事典 第2版の解説

シャー・ルフ【Shāh Rukh】

1377‐1447
ティムール朝第3代の君主。在位1409‐47年。ティムールの第4子。ティムールの没後,分裂の危機にした帝国の再統一に成功。首都を自らの本拠地ヘラートに移すかたわら,長男のウルグ・ベクをサマルカンドの太守に任命するなど一族による帝国の支配体制を確立した。対外的にも平和外交路線を打ち出して明朝とも使節を交換,学芸を保護・奨励してティムール朝の最盛期を現出させた。【間野 英二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シャー・ルフの関連キーワードアブド・アッラッザーク・アルサマルカンディーアブドゥル・ラッザーク・サマルカンディーコカンド・ハン(浩罕汗)国ハーフィズ・イ・アブルーハーフィズ・イ・アブルーウルグ・ベグ(兀魯伯)シャラフ・アッディーンカワーム・アッディーンニマットラー・ワリーアーガー・ムハンマドホーカンド・ハーン国コーカンド・ハン国ジャハーン・シャーティームール帝国李達(中国、明)ザファル・ナーメファシーヒーバイソンゴルウルグ・ベクシャー・ルフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android