ティムール(英語表記)Tīmūr

百科事典マイペディアの解説

ティムール

ティムール朝の創始者。チンギス・ハーンの子孫とも,トルコ系牧人の子ともいわれる。足に戦傷を負ったので,彼に敵意を抱く者はティムーリ・ラング(びっこのティムール)と呼び,西欧ではタメルランTamerlaneと通称。チャガタイ・ハーン国の混乱に乗じて立ち,1369年中央アジアの主権者となり,1370年サマルカンドに都した。チンギス・ハーンの事業の継承とイスラム帝国の建設を理想とし,サマルカンドを東西貿易の中継市場,イスラム文化の中心として発達させた。イラン,西アジア,南ロシア,インドに遠征を行い,版土を拡大したが,1405年明への遠征途上に病没。
→関連項目アンカラの戦イブン・ハルドゥーンイル・ハーン国オスマン帝国タシケントバグダッドバヤジト[1世]ボロジン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティムール【Tīmūr】

1336‐1405
ティムール朝の創設者(在位1370‐1405)で,中央アジア出身の世界征服者。シャフリ・サブズ近郊のホージャ・イルガルに,トルコ化・イスラム化したモンゴル族(チャガタイ・トルコ族)の一つ,バルラース部の一員として生まれる。盗賊団の首領として過ごした青年時代に,その右手,右足に終世の傷を受け,そのため彼に敵意を抱く者たちは,彼をティムーリ・ラングTīmūr‐i lang(ペルシア語で〈びっこのティムール〉)と呼び,これがヨーロッパに伝えられて,タメルランTamerlane,タンブルレンTamburlaineなどの呼称を生んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ティムール

生年月日:1336年4月8日
チムール帝国の創建者
1405年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のティムールの言及

【アンカラの戦】より

…1402年7月28日,トルコのアンカラ近郊で戦われたティムール軍とオスマン・トルコ軍の会戦。1402年3月,冬営地カラー・バーグを出発したティムールは,オスマン軍との対決を目指して小アジアに進み,エルジンジャン,シワス,カイセリ,クルシェヒルを経てアンカラに到着,北東郊外のチュブク・オワスに陣を張った。…

※「ティムール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティムールの関連情報