コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュエダゴンパゴダ シュエダゴンパゴダ Shwedagon Pagoda

2件 の用語解説(シュエダゴンパゴダの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュエダゴンパゴダ【シュエダゴンパゴダ】
Shwedagon Pagoda

ミャンマー最大の都市ヤンゴンラングーン)市街中心部の北にある、小高い丘の上に建つ寺院。高さ100m弱とミャンマー最大規模で、最も名高いパゴダ(仏塔)として同国のシンボル的存在になっている。周囲433mの基底部を持つパゴダの最頂部には、76カラットダイヤモンドを中心に総計5451個のダイヤモンド、2317個のルビーサファイア、翡翠(ひすい)などの宝石が散りばめられている。この巨大なパゴダが大小66個のパゴダに囲まれて建つ姿は壮観といわれる。この寺院の起源は、約2500年前に、とある商人が釈迦の聖髪を奉納したことにさかのぼるといわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シュエダゴン‐パゴダ(Shwe Dagon Pagoda)

ミャンマーの旧首都ヤンゴンにある仏教寺院。市街中心部、シングッダヤの丘の上に位置する。高さ約100メートルの仏塔を中心として、周囲に60余りの小仏塔や廟が並ぶ。仏塔の頂部には76カラットのダイヤモンドをはじめ、ルビーやサファイアなどの宝石による装飾が施されている。シュエダゴンパヤー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュエダゴンパゴダの関連キーワードピンマナミャンマーヤンゴンラングーンネーピードーヤングコーン蘭貢ラングーン事件ミャンマーの反政府デモ在日ミャンマー人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュエダゴンパゴダの関連情報